札幌の栗谷川邸

c0112559_1511547.jpg
 「札幌の建築探訪」掲載物件。昭和初期とは思えない現代的な住宅建築です。1932(昭和7)年のレークプラシッド冬季オリンピックにジャンプ日本代表として出場した栗谷川平五郎(くりやがわへいごろう)氏の住宅として建てられたものです。

 1階部分は黒い下見板張りに、白い木の窓枠の出窓があり、2階部分はクリーム色の左官仕上げ壁がカラフルです。鮮やかな赤の複雑な屋根構成に石造りの煙突が立ち、2階の丸窓やアーチ窓などの外観は目を引きます。「札幌の建築探訪」によると、室内はどちらかというと和風色が濃いそうです。木造平屋、一部2階建て。

栗谷川邸
1932(昭和7)年
設計 : 能勢某
施工 : 三浦庄之助
札幌市中央区南12条西17-1-1
撮影 : 2011.8.26
c0112559_1512398.jpg
c0112559_1513151.jpg
c0112559_1513246.jpg
c0112559_15131049.jpg
c0112559_15134314.jpg
c0112559_15135590.jpg
c0112559_15134291.jpg
c0112559_1514178.jpg

by gipsypapa | 2012-04-20 15:17 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17850650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 札幌の宮本邸 めばえ幼稚園 >>