札幌の柏岡邸

c0112559_13285622.jpg
 城下医院の向い側にもう1軒洋館があります。「札幌の建築探訪」という本の解説がよく特徴を表現しているので引用します。

 「敷地南東角に建ち、2階建ての細長いスリムな形が特徴的である。切妻屋根のきりっとした形や、縦長の上げ下げ窓がそれを一層強調している。南側の2階建て部分から北側にL字状に平家の建物がのび、東側正面から見ると高さの異なる3つの切妻屋根が並ぶ。その構成が巧妙である。中央の玄関とその北隣の出窓のある部屋は、切妻屋根の頂部を折り下げ、軒に白ペンキ塗りのスティック状の装飾を共通のデザインとしている。垂直の3本のスティック*の両側に三菱形の白いタイルを張ってあるのがかわいらしい。(*スティック:木造建物の表面に、垂直材、水平材、斜め材を装飾的に露出させたもの。)」

 文化財登録はされていませんが、昭和初期の洋風住宅の趣をそのまま残しています。木造2階建て。

柏岡邸
1928(昭和3)年
設計・施工 : 不明
札幌市中央区南5条西22-2-3
撮影 : 2011.8.26
c0112559_1330992.jpg
c0112559_13301184.jpg
c0112559_13302665.jpg
c0112559_13302771.jpg
c0112559_13303730.jpg
c0112559_1330488.jpg
c0112559_13305746.jpg
c0112559_1331418.jpg
c0112559_13311235.jpg
c0112559_13312090.jpg
 向こうに旧城下医院が見えています。
by gipsypapa | 2012-04-16 13:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17830994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kafe3232 at 2012-04-17 18:49
なかなか、面白い建物ですね・・・
いい感じです~
木々に隠れて、見えずらいですが、
二階部分は壁なんですね・・・
一階は板張りなのに・・・
Commented by gipsypapa at 2012-04-18 11:23
kafe3232 さん、
少し痛みが目立ちますが、
なかなか良い建物です。
確かに1階と2階の外壁の仕上げが違います。
もっと細部を撮りたかったのですが、
木が生い茂っていました。
あまり人が住んでいる気配は感じませんでした。
<< 円山時逍館 旧城下医院 >>