豊平館

c0112559_1314046.jpg
 明治初期に明治天皇行幸のために北海道開拓使が建てた洋風ホテル「豊平館(ほうへいかん)」。現存の木造ホテルとしては我が国最古の建物です。その後も大正天皇、昭和天皇も皇太子時代に宿泊された格式高いホテルでした。

 当初は大通公園の東の端、現在の市民会館位置にありましたが、1958(昭和33)年に現在地の中島公園に移築され、結婚式場として使われています。なお、HP↑によると現在は改修工事のため4年間閉館しているようです。。

 外観は白を基調とし、鮮やかなウルトラマリンブルー(白群青)と呼ばれる縁取りの組み合わせが爽やかな印象。正面玄関には半円形の車寄せを突き出し、その上にギリシャ風の柱頭のある柱で支えた半円形のバルコニーを置いています。最上部には小さな和風のペディメントがあり、アメリカ様式の中に和も混在する和洋折衷のデザイン。濃密な装飾はこの中心部に集中し、左右対称の両側は大人しくすっきりしています。

 内部も材料には贅を尽くした豪華な造りで、暖炉は大理石を模した漆喰仕上げ。一つずつ絵柄を変えた漆喰彫刻の天井中心飾や精巧な彫金を施したシャンデリアも必見です。国の重要文化財近代化産業遺産の木造2階、石造り地下1階建て。

豊平館
1880(明治13)年
重要文化財
近代化産業遺産
設計 : 安達喜幸(開拓使工業局営繕課)
施工 : 大岡助右衛門
札幌市中央区中島公園1-20
撮影 : 2011.8.27
c0112559_1335934.jpg
c0112559_134762.jpg
c0112559_1341231.jpg
c0112559_1342387.jpg
c0112559_134302.jpg
c0112559_1343684.jpg
c0112559_1344564.jpg
c0112559_1345411.jpg
c0112559_135321.jpg
c0112559_1351392.jpg
c0112559_135461.jpg
c0112559_1353561.jpg
c0112559_136598.jpg
c0112559_1355541.jpg
c0112559_136331.jpg
c0112559_1363386.jpg
c0112559_1361867.jpg
c0112559_136284.jpg
c0112559_1363923.jpg
c0112559_1365049.jpg
c0112559_137478.gif

by gipsypapa | 2012-04-06 13:07 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17781083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-04-08 10:46
さすが、天皇の行幸のために建てられただけあって、
外観も内装も立派です。
外装も
青空に負けないくらい鮮やかですね。
Commented by sy-f_ha-ys at 2012-04-08 18:39
青空の下の豊平館、とても素敵ですね。
いかにも札幌らしい建物だと思います。
あと写真を拝見して気付いたのは、
オーダーのアカンサスの葉が、和風っぽいんですね。
いかにも明治初期の洋館と言った感じです。
内部はシンプルですが、ベタな感じの旧函館区公会堂より好感が持てます。
Commented by gipsypapa at 2012-04-08 21:11
j-garden-hirasato さん
典型的な明治の洋館ですが、
ここがホテルだったという感じはしませんでした。
宮様の邸宅のような雰囲気があります。
よい状態で残してくれていると感謝です。
Commented by gipsypapa at 2012-04-08 21:16
sy-f_ha-ys さん、
午前中のこのころは青空で写真写りもいい状態でした。
日差しの向きがよいときはいい写真になります。
ところが同じ晴れでも逆光になったら難しく、
よっぽど曇りの方がそれなりに撮れるので、まだいいかな。
あくまでも撮影技術が未熟のせいですが。
アーカンサスが和風というのは気づきませんでした。
いわれてみればそうですね。
<< 札幌のかやの茶屋 パタゴニア アウトレット札幌南 >>