ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所 貯蔵棟

c0112559_12564283.jpg
 蒸溜棟の南に並んでいる石造りの貯蔵棟。倉庫として建設され,現在は蒸溜液受タンク室として使われています。屋根は切妻造の鉄板葺で,西面にアーチ形の戸口があり,蒸溜棟と連続して建っています。国の登録有形文化財の木骨石造り平屋建て。

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所 貯蔵棟
旧大日本果汁株式会社余市工場 貯蔵棟
1935(昭和10)年ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
余市郡余市町黒川町7-6
撮影 : 2011.8.25
c0112559_12574291.jpg
 後ろに赤い外壁の背の高い建屋がありますが、これは新しそうです。
by gipsypapa | 2012-03-28 13:01 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17736305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-03-29 06:30
新しい建物も、
古い建物と合ったデザインで、
違和感がありませんね。
Commented by gipsypapa at 2012-03-29 15:52
j-garden-hirasato さん、
新しい建屋でも工場全体の雰囲気を保つようにデザインされています。
一貫した景観づくりは好感が持てますね。
<< ニッカウヰスキー北海道工場余市... ニッカウヰスキー北海道工場余市... >>