明石市立天文科学館

c0112559_1011143.jpg
 大阪へ帰る途中、明石で電車を降りて見に行きました。明石といえば日本標準時の子午線の町。

 山側の高台に直径23メートルの円形プラネタリウムを含む4階建の展示棟と、高さ53メートルの高塔からなる複合建築が建っています。二重構造の高塔上部には展望室と天体観測室を備え、文字盤直径6.2メートルの大時計が日本標準時を刻んでいます。戦後の築ですが国の登録有形文化財に指定された鉄筋コンクリート造4階建て、高塔付。

明石市立天文科学館
1960(昭和35)年
登録有形文化財
設 計 : 建築研究協会
構造設計 : 棚橋諒
施 工:竹中工務店
明石市人丸町2-6
撮影 : 2011.5.2
c0112559_1013272.jpg
c0112559_10131311.jpg
c0112559_10131910.jpg
c0112559_10133668.jpg
 プラネタリウムはカール・ツァイス・イエナ社製(旧東ドイツ)。1960(昭和35)年の公開で、日本国内で現役最古、世界でも5番目に古い現役大型投影機だそうです。
c0112559_10142667.jpg
c0112559_10143521.jpg
c0112559_10144470.jpg
c0112559_10144965.jpg
c0112559_10145983.jpg
 時に関わりのある展示物がいっぱいあります。
c0112559_10153087.jpg
c0112559_10154087.jpg
 星空を撮った写真も数多く展示されています。それにしてもよくぞこんな写真を・・・プロの仕事ですねぇ。次元が違います。
c0112559_10161938.jpg
 展望台からとんがり屋根の洋館を発見。古そうですが何かわかりません。
c0112559_1016539.jpg
 これで兵庫県を終わり、次は再び北海道へ。
by gipsypapa | 2012-03-19 10:19 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17687032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2012-07-29 10:20
タイトル : 明石のプラネタリウム長寿日本一 記念シャツ販売 
1960年6月10日に投影を始めた兵庫県明石市立天文科学館のプラネタリウム(天象儀)が8月29日で“長寿日本一”になるのを記念し、同館がオリジナルポロシャツを作った。快晴の夜空をイメージした青色で、背面には「天象儀長寿日本一」、袖には同館のプラネタリウムの特徴である「肉声解説」と記されている。稼働52年を祝い、52着の限定販売の予定。1着1900円。... more
Commented by j-garden-hirasato at 2012-03-20 22:54
学生の頃、
ここに行きましたね。
建物の記憶は、
もうほとんどありませんが…。
近くで食べたダシを付けるたこ焼き(明石焼き?)が、
とても印象に残っています。
Commented by gipsypapa at 2012-03-21 13:17
j-garden-hirasato さん、
ここはプラネタリウムが目玉で、
建物は現代的なので印象は薄いでしょう。
はい、ダシで食べるのは明石焼きです。(^-^)
<< ニッカウヰスキー株式会社北海道... ダイセル異人館 衣掛クラブ >>