冨士屋Gallery一也百(はなやもも)

c0112559_13124860.jpg
c0112559_1320283.jpg 別府鉄輪温泉に別府で唯一の明治時代の旅館建築があります。明治31年に新築された当時は新聞社の県内旅館の人気投票で大分県一になった程の高級旅館でした。

 しかし1996(平成8)年に旅館を廃業したため、一時は取り壊しの話があったそうですが、この貴重な遺産を残したいとの思いが強く、改修工事を行って、現在は冨士屋Gallery一也百(はなやもも)として営業しています。

 純和風の建物で、寄せ棟造りと入母屋造りが融合した複雑な建物構成になっています。外見は純和風建築ですが、ホームページには右のような洋風の内部写真がありました。国の登録有形文化財の木造2階建て。c0112559_13202182.jpg

冨士屋Gallery一也百(はなやもも)
旧冨士屋旅館
1898(明治31)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
別府市鉄輪上1
撮影 : 2011.3.21




c0112559_13153691.jpg

c0112559_13155866.jpg
c0112559_1316619.jpg
c0112559_13161619.jpg
c0112559_13162535.jpg
c0112559_13163313.jpg
c0112559_13164288.jpg

by gipsypapa | 2012-02-24 13:21 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17532741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-02-25 11:36
取り壊されなくて、
ほんと良かったですね。
それだけ、深い想いがあったということでしょう。
ギャラリーということですが、
気軽に入るには、
ちょっと敷居が高いですね。
Commented by gipsypapa at 2012-02-28 14:55
j-garden-hirasato さん
はい、門をくぐって入れますが、
玄関を開ける勇気はなかったですね。
HPにあるように内部も見どころがあるようですが・・
<< 京都大学大学院理学部附属地球熱... 野口病院管理棟 >>