野口病院管理棟

c0112559_13121735.jpg
 野口病院は1922(大正11)年に初代院長、野口雄三郎博士によって開設された病院で、この建物は現在も野口病院の管理棟として使われています。

 印象的な赤い四角錐のとんがり屋根を中心に左右対称のファサードを持つ瀟洒な病院建築。中央には車寄せのある玄関があり、建物両脇の半切妻洋瓦葺葺きの妻屋根の背面に棟が伸びています。

 グレーのセメントモルタルを左官仕上げしたスペイン壁(*)の上部に、白漆喰のハーフティンバー風の外壁を表 に向けています。窓は白い木製窓枠の上げ下げ窓。1986(昭和61)年に全面的な整備が行われ、内部については大幅に改装されたが、外観は当時のままに保存されているそうです。国の登録有形文化財の木造2階(一部3階)建て。

 (*)文化遺産オンラインの解説による。モルタル吹き付けでドイツ壁とかスタッコ仕上げといわれる手法と似ているようです。

野口病院管理棟
1922(大正11)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
別府市野口中町6-33
撮影 : 2011.3.21
c0112559_13135958.jpg
c0112559_1314637.jpg
c0112559_13141266.jpg
c0112559_13141968.jpg
c0112559_13142980.jpg
c0112559_13143948.jpg
c0112559_13144658.jpg
c0112559_13145459.jpg

by gipsypapa | 2012-02-23 13:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17524900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-02-23 22:48
建築当時は、
かなり規模が大きな病院だったんでしょうね。
窓枠とかはサッシに変わっているようですが、
今でも現役で使われているのは、
嬉しいですね。
レトロな建物の病院は、
ちょっと独特の雰囲気がありますが、
ここは、そういうのがありませんね。
Commented by gipsypapa at 2012-02-24 10:47
j-garden-hirasato さん
この建物の後ろに近代的で大きな病院があります。
昔から地元の大病院だったようです。
それにしてもいい雰囲気を残して使われ続けているのは
嬉しいことです。
<< 冨士屋Gallery一也百(は... 聴潮閣近くの洋館 >>