カトリック別府教会

c0112559_13123698.jpg
 また大分編に戻ります。
c0112559_13124740.jpg 

 児童館を訪ねたときに偶然背後にあるのを見つけたゴシック風のカトリック別府教会。華やかな模様のステンドグラスがはめ込まれた尖塔アーチ窓が並んでいます。イタリア人神父を中心に欧米日の国際的協力によってできた聖堂だとか。ベージュの濃淡で塗り分けた外壁が戦後の築ながらレトロ感をだしています。尖塔には鐘が吊られているのが見えました。鉄筋コンクリート造り。

カトリック別府教会
1950(昭和25)年
設計・施工 : 不明
別府市末広町6-6
撮影 : 2011.3.20


c0112559_13134333.jpg
c0112559_13135142.jpg
c0112559_1314342.jpg

by gipsypapa | 2012-02-15 13:14 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17467954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kafe3232 at 2012-02-17 06:12
教会の建物って素敵ですね・・・
つい、見入ってしまいます・・・
信者ではないけれど、教会を見たり内部に入ったりしたら、
信仰しようかと思ってしまいます・・・
それって私だけ・・・?
Commented by gipsypapa at 2012-02-17 13:04
kafe3232 さん、
> 信仰しようかと思ってしまいます・・・
よい心がけです。(^^)
私は聖書を持っています。
といっても洗礼を受けたわけではありませんが・・・
そうですねぇ、教会は建物の中でも好きなジャンルです。
住宅が一番好きで、その次です。
<< 永石温泉 焼失したグランメゾン グラシア... >>