松下金物店

c0112559_16515998.jpg
 偶然見つけた建物です。正面から見ると褐色のスクラッチタイル貼りの鉄筋コンクリート造りの洋風建築のようですが、斜めから見ると瓦葺きの日本家屋が後ろにありました。昭和初期に建てられた、いわゆる看板建築です。木造2/3階建て。

松下金物店
1929(昭和4)年
設計・施工 : 平野某
別府市元町1-22
撮影 : 2011.3.20
c0112559_16523832.jpg

by gipsypapa | 2012-02-12 16:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17447800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-02-12 22:07
これで看板建築ですか。
かなり、本格的というか、
しっかりした造りになっていますね。
ここまでやるなら、
全部洋風なビルにしてしまえばよかったのに、
と、余計なことを思っています(笑)。
Commented by gipsypapa at 2012-02-13 12:57
j-garden-hirasato さん
かなり豪華なタイル貼りのファサードです。
昭和初期に全国的に
このような看板建築が流行ったのは
時代の洋風指向と材料のせいかな。
<< 別府市児童館 竹瓦小路アーケード >>