別府の竹瓦温泉

c0112559_9591586.jpg
 こちらは別府市の元町にある市営の共同浴場。どう見ても寺院建築です。1879(明治12)年に創設された浴場で、当初建築されたものは竹瓦葺きであったため、竹瓦温泉の名称がついたと伝えられています。

 入り母屋造の裳階付きや寄棟造の変化に富んだ瓦屋根の美しさを持つ社寺風建築です。現在の建物は昭和初期に建設されたもので、このときに現在の瓦葺きになりました。正面は唐破風造りの豪華な屋根のある特徴的な外観で、別府温泉を代表するシンボル的な存在となっています。

 中には入りませんでしたが、天井の高いロビーは昭和初期のイメージを残しており、湯上りにくつろげるスペースとなっているそうです。砂湯が名物らしく、浴衣を着て砂の上に横たわると砂かけさんが温泉で暖められた砂をかけてくれるとか。

 設計は別府市の技官だった村上利作。設計指導の池田三比古は別府に数多くの建築物を手がけ、現存するものでは浜田温泉(昭和10年築)があります。国の登録有形文化財と近代化産業遺産に指定された、木造入母屋造り2階建て。

竹瓦温泉
1938(昭和13)年
登録有形文化財
近代化産業遺産
設計 : 村上利作
設計指導 : 池田三比古
施工 : 不明
別府市元町16-23
撮影 : 2011.3.20
c0112559_1005633.jpg
c0112559_1011118.jpg
c0112559_1011672.jpg
c0112559_1012241.jpg
c0112559_101323.jpg
c0112559_1014213.jpg

c0112559_101154.jpg

by gipsypapa | 2012-02-09 10:02 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17427306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2014-01-01 10:25
タイトル : 「無料温泉巡るぞ~」 別府市の市営温泉
別府市の市営温泉で29日、年末年始恒例の無料開放が始まった。3日まで。竹瓦温泉には早朝から多くの観光客や地元住民が続々と訪れた。無料開放されるのは竹瓦(普通浴)、田の湯、海門寺、永石、浜田、浜脇の6市営温泉。竹瓦、柴石、堀田、別府海浜砂湯、北浜の5カ所は新年1月1日から3日まで、ざぼん湯が楽しめる。... more
Commented by kafe3232 at 2012-02-09 23:00
温泉の効能がいろいろあるみたいですが、
唐破風が立派・・・立派な建物ですね・・・
中にもはいってくださ~~~~い(^-^)
Commented by j-garden-hirasato at 2012-02-10 10:30
こういう本格的な和風建築の温泉って、
道後温泉だけではないんですね。
内部の和風で、
情緒があるんでしょう。
ゆっくり、温泉に浸かってみたいですね。
Commented by gipsypapa at 2012-02-10 13:02
kafe3232 さん
またまた中へ、というご指摘ですよね。
そうしたいのですが、
次の建物へ急がねばならんのです。
Commented by gipsypapa at 2012-02-10 13:05
j-garden-hirasato さん
そうなのですが、さすがに温泉の町。
他にもいろいろあるのです。
一部この後にも出てきますが
どこがいいか迷います。
次は高めの鉄輪温泉ではなく、
市内のビジネスホテルに泊って
銭湯巡りかな。
<< 別府の竹瓦小路アーケード 別府の駅前高等温泉 >>