日田市豆田町の廣瀬資料館

c0112559_1353511.jpg
 慶応年間(1865-1868)に建てられた幕末の儒学者、廣瀬淡窓(ひろせたんそう)の実家だった建物。廣瀬本家(博多屋)は掛屋(かけや:代官御用達の金融業)を営む日田の豪商でした。現在は資料館になっています。

 資料館には、淡窓ゆかりの品や書物、代々の生活用品などが数多く展示されています。雛人形は天保時代のものが多く、全国的にも珍しい江戸生まれの豪華な「古今雛(こきんびな)」や、上流武家や公家の所蔵品だった京都の「次郎左衛門雛(じろうざえもんびな)」が展示されていました。

 建物は2棟あり、なまこ壁のある定型的な江戸期の土蔵造りの商家です。

廣瀬資料館
旧廣瀬本家(博多屋)
慶応年間
設計・施工 : 不明
日田市豆田町9-7
撮影 : 2011.3.19
c0112559_13544287.jpg
c0112559_13544969.jpg
c0112559_13545659.jpg
c0112559_1355248.jpg
c0112559_1355898.jpg
c0112559_13551688.jpg
c0112559_1355244.jpg
c0112559_13553294.jpg
c0112559_13554042.jpg
 日田市はこれで終わります。次は別府へ移動します。
by gipsypapa | 2012-02-07 13:57 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17415437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 別府の駅前高等温泉 日田市豆田町の草野本家 >>