カトリック大分教会 聖フランシス・ザビエル聖堂

c0112559_1474091.jpg
 みずほ銀行大分支店からホテルへ向かう途中にあった戦後の教会建築。バラ窓や高い鐘楼のある瀟洒な教会です。鉄筋コンクリート造り、鐘楼付き。

カトリック大分教会 聖フランシス・ザビエル聖堂
1951(昭和26)年
設計・施工 : 不明
大分市都町1-4-2
撮影 : 2011.3.18
c0112559_1481046.jpg
c0112559_1481545.jpg
c0112559_1482841.jpg
c0112559_1483614.jpg
 横にあるのは幼稚園です。
by gipsypapa | 2012-01-25 14:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17354223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-01-27 06:39
『ザ・教会』という外観です。
入口以外、
少し新しい感じがしましたが、
戦後の建物なんですね。
入口部分は、
昔のものをそのまま使ったのでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2012-01-27 10:54
j-garden-hirasato さん
戦後すぐの築ということ以外に情報がありませんでした。
入口の石貼りなんかは見どころがあります。
<< 日田市豆田町 みずほ銀行大分支店 >>