田中酒造亀甲蔵

c0112559_1321928.jpg
 シーボートの通りを挟んだ向かい側に石造りの巨大な倉庫が3棟つながって並んでいます。現在は地酒の製造と販売をする田中酒造の店舗兼工場として使われています。

 外壁は軟石積みで、内部の柱や小屋組みは木骨石造りがわかる形で残されていて、明治期の小樽の石造り倉庫の代表的な建物の一つです。小樽市指定歴史的建造物と小樽市都市景観賞の木骨石造平屋建て、一部2階建て。

田中酒造亀甲蔵
旧岡崎倉庫
亀甲蔵1号棟:1905(明治38)年
亀甲蔵2,3号棟:1906(明治39)年
小樽市指定歴史的建造物
小樽市都市景観賞
設計・施工 : 不明
小樽市信香町2-2 & 2-24
c0112559_13224530.jpg
c0112559_13224827.jpg
c0112559_1323023.jpg
c0112559_1323775.jpg
c0112559_13231427.jpg
c0112559_13232319.jpg
c0112559_13233197.jpg
c0112559_132339100.jpg
c0112559_13234386.jpg
c0112559_1323523.jpg
c0112559_1324188.jpg
c0112559_13241092.jpg

by gipsypapa | 2011-12-28 13:25 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17253547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kaetuya55 at 2011-12-28 13:54
怒涛の小樽編を楽しみに拝見しています。
小樽は洋館の宝庫...これも明治期以降に開拓が進んだ北海道ならではですね。
この建物...石積みの重厚さがしっかりと残ってます。
やはり北海道は寒冷地のためか塗り壁より石積みの建築物が多いですね。いかにも「The蔵!」って感じです。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-12-29 22:36
1階部の木の引き戸がおもしろいですね。
二重サッシのようなものでしょうか。
個人宅の玄関では、
同じようなものが見られましたが、
こういう蔵にもあるんですね。
Commented by gipsypapa at 2011-12-30 12:14
kaetuya55 さん
ご無沙汰しています。
時々ブログにも行っているのですが、
最近建物ネタがないので、
コメントを入れずらくて失礼しています。
さすがに小樽編も山を越えて
そのうちに終わる予定です。
今年は雪が多いようで、
金沢も寒いでしょうね。
ご自愛ください。
Commented by gipsypapa at 2011-12-30 12:17
j-garden-hirasato さん
普通は軒下の通路のようなものでしょうが、
蔵にも寒さ対策があるわけですよね。
ただし蔵と同時期に作られたかどうかはわかりません。
あとで商店になってかもしれませんね。
<< 丸イ染舗舩旗や(イトウ舩旗や) 旧作左部商店蔵 >>