小樽の旧作左部商店蔵

c0112559_14435410.jpg
 釣り具屋「シーボート」に隣接する蔵。たまたま写真を撮っていたらシーボートのご主人が蔵の前まで案内してくれました。案内によると小樽市で現存する最も古い建物とのことでした。築年の詳細は不明ですが、明治前期になっています。

 この蔵は小樽では希少な土蔵造りの蔵。明治後期から次第に外壁に石を張り付ける木骨石造りが一般的になる前のもので、屋根や壁など土蔵造りの特徴を伝える代表的なものです。外壁と屋根は土で塗り、その外側に板を張って保護する構造。妻壁や出入口の上部に描かれた植物の模様がアクセントになっています。小樽市指定歴史的建造物の土蔵造り、2階建て。

旧作左部商店蔵
明治前期
小樽市指定歴史的建造物
設計・施工 : 不明
小樽市住吉町15-3
撮影 : 2010.8.25
c0112559_14443291.jpg
c0112559_14443748.jpg
c0112559_14444879.jpg
c0112559_14445626.jpg
c0112559_14445998.jpg
c0112559_14452453.jpg
c0112559_14453617.jpg

by gipsypapa | 2011-12-27 14:46 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17250330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-12-29 22:40
綺麗に修復もされ、
大切に使われているんですね。
嬉しくなります。
Commented by gipsypapa at 2011-12-30 12:19
j-garden-hirasato さん
さすがに小樽です。
このように大事にして残すという心意気がいいですよね。
<< 小樽の田中酒造亀甲蔵 小樽の旧岡川薬局 >>