小樽の旧寿原産業鳳星寮

c0112559_13431155.jpg
 昭和初期に寿原産業の社員のための寮として建てられたもの。戦中戦後には陸軍と進駐軍が使用したそうです。後に会社の寮および倉庫になり、1995(昭和60)年からインテリアを教える専門学校「国際インテリアアカデミー」として使われました。現在は空き家のようです。

 淡いベージュ色の外壁に白い上げ下げ窓が並ぶ、木造2階建て+鉄筋コンクリート造り地下1階。

旧寿原産業鳳星寮
1934(昭和9)年
設計・施工 : 不明
小樽市相生町7-10
撮影 : 2010.8.25
c0112559_1343525.jpg
c0112559_1344690.jpg
c0112559_13441013.jpg
c0112559_13442188.jpg
c0112559_13442625.jpg
c0112559_13443839.jpg
c0112559_13444637.jpg

by gipsypapa | 2011-12-16 13:45 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17211167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-12-18 10:20
淡いベージュ色の外壁が珍しく、
お洒落な感じの建物ですが、
どんどん蔦に侵食されてますね。
もったいない。
何とかならないものでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2011-12-18 20:55
j-garden-hirasato さん
1997年の「小樽の建築探訪」という本では、
国際インテリアアカデミーとなっていますので、
専門学校が撤退してそんなに経っていないはずですが、
実際は草が生い茂って、荒廃しつつあります。
なんとか残す方策はないのでしょうか。
<< 小樽の土屋薬品 小樽のベリーベリーストロベリー >>