小樽オルゴール堂本館

c0112559_21242866.jpg
 入船七叉路(メルヘン交差点)の角地にある明治末期の建物。 明治24年創業で北海道有数の精米、米穀商だった共成(株)の本社社屋と倉庫だったものです。その後。家具店を経て、現在はオルゴール専門店に再活用され、小樽の観光名所の一つになっています。

 石造の多い小樽では珍しい煉瓦造の建築で、内部は木骨構造。窓は石材で囲まれ、また玄関周りは昔の姿に再現された石貼りです。2階建ですが、内部は回廊が取り巻く広い吹き抜け構造になっていて、木骨が支えています。小樽市指定歴史的建造物と小樽市都市景観賞の木骨煉瓦造り2階建て。

小樽オルゴール堂本館
旧共成株式会社
1912(明治45)年
小樽市指定歴史的建造物
小樽市都市景観賞
設計・施工 : 不明
小樽市住吉町4-1
撮影 : 2010.8.25
c0112559_21255981.jpg
c0112559_21261456.jpg
c0112559_21262886.jpg
c0112559_21264156.jpg
c0112559_21265573.jpg
c0112559_2127872.jpg
c0112559_21272069.jpg
c0112559_21273465.jpg
c0112559_21274811.jpg
c0112559_2128024.jpg
c0112559_21281498.jpg
c0112559_21282733.jpg
c0112559_21283961.jpg
 裏側には木骨石造り2階建ての倉庫があります。
by gipsypapa | 2011-12-10 21:30 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17190761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-12-12 21:55
外観も立派ですが、
建物の内部も、
そうとうなものですね。
Commented by gipsypapa at 2011-12-13 13:09
j-garden-hirasato さん
内部は見ごたえがあります。
観光客が多く、この一角のランドマークです。
外観もレトロで目立ちますよね。
Commented by mini-mini32 at 2011-12-15 06:13
これは立派ですね・・・
外観も重厚ですが、内部もいいわ・・・
小樽に行ったら、行ってみたい・・・^^
Commented by gipsypapa at 2011-12-15 10:29
mini-mini32 さん
小樽のベスト10に入る建物です。
多くの旅行本やパンフレットに必ず出ていますので、
小樽に行けば必然的にここに行くことになりそうです。
全国の観光地にオルゴールの店があり
女性に人気ですね。
<< 銀の鐘1号館 スーベニールオタルカン >>