小樽堺町の石造り建築

c0112559_13215260.jpg
 北一硝子3号館の並びには同じような石造りの建物が並んでいます。いずれも今は店舗として使われています。詳細な情報はありませんが、すべて明治期の木骨石造りです。それらをまとめて紹介します。

 まずはふじ鮨から。

ふじ鮨
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
小樽市堺町5-36
撮影 : 2010.8.24&25
c0112559_13223292.jpg
 次はガラス細工の店「おたる瑠璃工房」。
c0112559_13232434.jpg

おたる瑠璃工房
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
小樽市堺町5-33
撮影 : 2010.8.24&25
c0112559_13235494.jpg
 最後にスイーツの店「六花亭小樽運河店」
c0112559_13251222.jpg

六花亭小樽運河店
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
小樽市堺町7 -22
撮影 : 2010.8.25
c0112559_13254012.jpg

by gipsypapa | 2011-12-08 13:26 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17182261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-12-08 23:02
これだけ古い建物が多いと、
町づくりも遣り甲斐がありますね。
ただ、
自販機の派手な色が残念です。
Commented by gipsypapa at 2011-12-09 10:44
j-garden-hirasato さん
この手の蔵みたいな建物が多い街でした。
自販機と、ここでは気になりませんが、
電柱と電線は風景の邪魔です。
けっこう日本の建物の前にあって
気になりますね。
<< スーベニールオタルカン 小樽の北一硝子三号館 >>