小樽の㈲ナンタル&F邸

c0112559_11225744.jpg
 テクノの向い側に建つ住宅建築。詳細は不明ですが、大正末期の建物で、今は住宅兼保険会社の事務所になっているようです。

 黒い下見板貼りの外壁に、白い縁取りをしたような柱や窓枠のコントラストが見事です。1階右側の洋風の出窓と、和風の破風を持つ玄関の対比がなんとも不思議で面白い。木造2階建て。

㈲ナンタル&F邸
築年 : 大正末期
設計・施工 : 不明
小樽市花園3-18-15
撮影 : 2010.8.25
c0112559_11234759.jpg
c0112559_1124036.jpg
c0112559_1124491.jpg

by gipsypapa | 2011-11-25 11:24 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17133446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-11-30 06:41
きれいな状態で維持されていますね。
やはり、
使い続けるということが大切です。
建物全体の外観は和風なのに、
窓枠が洋風というのも、
楽しい建物です。
珍しいですね。
Commented by gipsypapa at 2011-11-30 14:00
j-garden-hirasato さん
ほとんど知られていない建物で
偶然見つけました。
なかなかいいですよね。
和洋の混在が面白いです。
<< 小樽の旧建部歯科医院 小樽の㈱テクノ >>