小樽の馬酔木(あしび)

c0112559_133718.jpg
c0112559_1332445.jpg 移動中に偶然見つけたレトロな建物。元は住宅だったようですが、一菜一酒 馬酔木(あしび)というお洒落な居酒屋になっています。

 ハーフティンバーの妻面を通りに見せ、玄関の白い梁受け(持ち送り)が印象的です。玄関扉にステンドグラスがありますが、内部もクラシックでよさそうです。「小樽ではたらく本部長のblog」に雰囲気のある内部写真があります。木造平屋建て。

馬酔木(あしび)
築年 : 昭和初期
設計・施工 : 不明
小樽市花園5-7-3
撮影 : 2010.8.25


c0112559_1342078.jpg

c0112559_134513.jpg
c0112559_135226.jpg
c0112559_135924.jpg
c0112559_1351858.jpg

by gipsypapa | 2011-11-10 13:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17077063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-11-10 23:03
木造の外壁に、
蔦が絡んでいて大丈夫か、
なんて、余計な事が気になりました。
Commented by gipsypapa at 2011-11-11 09:57
j-garden-hirasato さん、
蔦って木造に悪さをするのですか。
木の壁に根をはるのでしょうね。
そういえば蔦は煉瓦、石造りやコンクリートに絡まるのしか
見たことないですね。
<< 小樽市花園のX邸 田上義也記念室(旧坂牛邸) >>