田上義也記念室(旧坂牛邸)

c0112559_15211136.jpg
 すでに江口邸を紹介した田上義也(たのうえ よしや1899 – 1991)設計のライト風住宅。小樽公園南側にあり、弁護士の坂牛直太郎の住宅兼弁護士事務所だったものです。

 田上というかライトらしい大型でモダンな洋館。緑色の屋根、薄緑色の横羽目板打ちの腰壁と白い漆喰塗りや窓枠のコントラストが美しい。また1階に張り出した八角形の応接間と2階の幾何学的な印象が、いかにもライト風のデザインです。

 私が訪ねた時にはまだ住宅として使われていると思いこんでいましたが、ネット情報によると、すでに田上義也記念室としてオープンしていたようです。「邸宅の寝室や子供部屋、廊下など3分の1の面積を使って、田上氏の記念室をオープンすることを決めた。設計図や写真、建物の模型など約60点ほどを展示する予定」と書かれています。その日が開館日でなかったため、気づきませんでした。今年新しく小樽市指定歴史的建造物と小樽市都市景観賞に指定された木造平屋、一部2階建て。

田上義也記念室
旧坂牛邸
1928(昭和3)年
小樽市指定歴史的建造物
小樽市都市景観賞
設計 : 田上義也
施工 : 丸藤留治
小樽市入船5-8-15
撮影 : 2010.8.25
c0112559_152153100.jpg
c0112559_1522059.jpg
c0112559_152263.jpg
c0112559_15221326.jpg
c0112559_1522207.jpg
c0112559_15222843.jpg
c0112559_15223752.jpg
c0112559_15224520.jpg
c0112559_15225465.jpg
c0112559_1523585.jpg
c0112559_15231388.jpg
 なお、このすぐ南側に同じ田上義也設計のMOA小樽センター(旧上田邸)があるというネット情報があり、直前にもGoogleのストリートビューで存在を確認して楽しみに行ったのですが、なんと驚いたことに何もない更地でした。
c0112559_1524164.jpg
c0112559_1524942.jpg
 今日現在もストリートビューには建物が写っています。↑ストリートビューは私にとっては強力な武器として重宝していますが、こういうこともあるわけです。
by gipsypapa | 2011-11-09 15:29 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17073682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-11-10 23:05
全体的に、
そんな派手なデザインではないのに、
とても存在感があります。
そう感じるのは、
なぜでしょうね、
Commented by gipsypapa at 2011-11-11 10:01
j-garden-hirasato さん
周りの景色でもお分かりのように郊外の住宅です。
昭和初期にはもっと田舎だったような場所です。
そういうところに2軒(一つはなくなった住宅)、
こんなにモダンなのが並んでいたので、
目だったでしょうね。
軒の張り出しの形とか、
ライト系以外ではあまり見ない意匠です。
Commented by sy-f_ha-ys at 2011-11-12 20:01
以前小樽に行った時は、詳細な地番が分からず行くのを断念した建物です。
ちょっと大きめな庇の作りなど、いかにも田上さんらしいデザインだと思います。
あとこの邸宅、資料館として使われているのですか。また小樽に行く機会があったら是非見学してみたいと思います。
Commented by gipsypapa at 2011-11-13 10:00
sy-f_ha-ys さん
私も行く前は資料館になっているのは知りませんでした。
確かに一般の住宅だったので、詳細な住所の情報がなかったです。
結局はGoogle のストリートビューで探してから行きました。
今は資料館になったので、このブログでも詳しい住所を書けるようになりました。
田上さんの住宅建築はライト風が徹底しているので好きです。
小樽には、見晴町に旧瀬川邸が現存していると思っていますが、
これは Google でも見つけることができませんでした。
なお、同じ見晴町にあった坂家住宅は取り壊されたようです。
<< 馬酔木(あしび) 小樽市公会堂 >>