小樽の三箇邸

c0112559_13374737.jpg
 小樽市指定歴史的建造物に指定されているため富岡の高台まで登って行きました。和風の入母屋瓦葺き屋根の住宅に、一部洋風の応接間があるらしいのですが、道路からさらに高台にあってほとんど見えませんでした。小樽市指定歴史的建造物の木造2階建て。

三箇邸
旧島谷汽船社長宅
1927(昭和2)年
小樽市指定歴史的建造物
設計 : 不明
施工 : 金子某
小樽市富岡2-25-32
撮影 : 2010.8.25
c0112559_13385749.jpg
c0112559_133963.jpg
 その代りに途中に面白い住宅建築があったのでそちらも合わせて紹介します。

I邸
c0112559_13394340.jpg

 小さな北海道らしい屋根の形をした木造平屋建ての住宅。

I邸
築年: 不明
設計・施工 : 不明
小樽市富岡1
撮影 : 2010.8.25
c0112559_13404715.jpg
c0112559_13405568.jpg
c0112559_1341398.jpg
 次はW邸。
c0112559_13421828.jpg
 こちらも北海道らしい木造平屋建て。本屋は赤い鉄板葺きの方形屋根です。

W邸
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
小樽市富岡1
撮影 : 2010.8.25
c0112559_1343021.jpg
c0112559_1343773.jpg
c0112559_13431412.jpg
c0112559_13432026.jpg
c0112559_13432729.jpg

by gipsypapa | 2011-11-01 13:44 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17041849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-11-02 06:25
高台のさらに高台、こりゃないですよね。
せっかく行ったのに…。
非公開とちゃんと書いてあったのですか。
それなら、まあ、しょうがないと(笑)。
こういうシンプルな木造の建物、
懐かしいですね。
Commented by gipsypapa at 2011-11-02 14:07
j-garden-hirasato さん
まったくです。(笑)
8月末の北海道とはいえ暑かったです。
小樽市指定歴史的建造物なので住所は明らかになっています。
ただ住宅の場合は逆に、
公開されていると書いてない限り敷地には入れませんね。
それは想定済みですが、
こんなに道から石段を登らなければならないとは思いませんでした。
<< カトリック富岡教会 立正佼成会小樽教会 >>