立正佼成会小樽教会

c0112559_13383134.jpg
 JR函館線を西に超え、小樽警察署の前の坂を上った高台にある明治の建物。元は秋田出身で、小樽の海産物卸商だった遠藤又兵衛の邸宅でした。その後、政治家の住宅や北海道炭礦汽船の社員寮などに使われ、現在は正佼成会の小樽教会となっています。

 武家屋敷のような門扉を入ると唐破風の玄関が二つ並び、書院造の和室のある壮大な建物ですが、玄関脇には白い漆喰塗の八角形のベイウィンドウを持つ洋風応接間があり、和瓦の屋根には煉瓦の煙突が立つ和洋折衷の建物です。材料は本州材を使用し釘は使っていないとか。

 時々内部が一般開放されているようで、その時の美しい写真が「小樽建築散歩」というブログにあります。小樽市指定歴史的建造物と小樽市都市景観賞の木造平屋建て。

立正佼成会小樽教会
旧遠藤又兵衛邸
1902(明治35)年
小樽市指定歴史的建造物
小樽市都市景観賞
設計 : 長倉増蔵
施工 : 不明
小樽市富岡1-9-4
撮影 : 2010.8.25
c0112559_134086.jpg
c0112559_1340142.jpg
c0112559_13402149.jpg
c0112559_13403133.jpg
c0112559_13403735.jpg
c0112559_13404432.jpg
c0112559_13405455.jpg
c0112559_1341295.jpg
c0112559_1341987.jpg
c0112559_13411928.jpg

by gipsypapa | 2011-10-31 13:42 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17037578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-11-01 06:18
純和風の建物かと思いきや、
ちょこちょこっと洋風な部分があるのが、
何ともおもしろいですね。
それにしても、
立派な建物です。
Commented by gipsypapa at 2011-11-01 13:33
j-garden-hirasato さん
昔はここから海が見えたとか。
明治のお金持ちのお屋敷!という感じです。
この手の洋風応接間が玄関脇にあるのは
昔の邸宅にはよくあるスタイルのようです。
<< 小樽の三箇邸 旧秋山弁護士事務所 >>