December3

c0112559_14291896.jpg
c0112559_14292855.jpg 
 セントラルタウン都通という商店街に隠れたように建つ昭和初期の洋風商店建築。モダンな外観から想像できませんが、建てられた時は小樽で清酒「神威鶴」を醸造した丸ヨ白方酒店の販売店だったとか。そういえば横に酒蔵がありました。長く「ミキ靴店」として使われましたが、現在は輸入雑貨店でアジアン衣料、雑貨、民藝品を販売する「December3」の店舗として使われています。

ベージュ色のタイル貼りの外壁に縦長窓が並び、最上部のアーチ窓との間にちりばめられたレリーフやレトロな照明灯具が印象的で魅力的なデザイン。一見コンクリート造りに見えますが、木造3階建て、一部階段室は4階建て。

December3
旧丸ヨ白方酒店
1931(昭和6)年
設計 : 不明
施工 : 鯉川工務店
小樽市稲穂2-14-1
撮影 : 2010.8.25


c0112559_14301212.jpg
c0112559_14302028.jpg
c0112559_14303082.jpg
c0112559_14303885.jpg
c0112559_14304973.jpg
c0112559_14305824.jpg
 ○ヨのマークがある蔵。
c0112559_14312587.jpg

by gipsypapa | 2011-10-26 14:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/17018481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-10-27 05:58
酒屋さんが、
こんな建物を建てたんですか。
当時の西洋化の様子が、
分かるような気がします。
Commented by gipsypapa at 2011-10-27 13:04
j-garden-hirasato さん
まったくどう見ても酒屋さんとは思えません。
商店街に建てたのでそういうデザインにしたのでしょうか。
いずれにしろ立派な建物です。
<< 奥村邸、叫児楼 舎こんどう >>