小樽の協和浜ビル

c0112559_1323170.jpg
 小樽では比較的少ないモダンな近代建築のオフィスビル。昭和初期の築で石造り倉庫が連なる小樽運河沿いに建っています。c0112559_1345894.jpgカフェレストランや中華料理店、また一部企業が入るテナントビルとして使われています。

 様式主義からモダニズムへの変遷期らしく、シンプルな左右対称のファサードに、4階までつながる白く縁取られた窓の縦枠が、最上階でアーチを描いて様式主義の香りを残しています。小樽市指定歴史的建造物の鉄筋コンクリート造4階建て。

協和浜ビル
旧通信電設浜ビル
1933(昭和8)年
小樽市指定歴史的建造物
設計・施工 : 不明
小樽市色内1-2-18
撮影 : 2010.8.25 & 26
c0112559_13342100.jpg
c0112559_1335040.jpg
c0112559_134015.jpg

by gipsypapa | 2011-10-13 13:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16967585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-10-15 17:04
青い外観とは、珍しいですね。
建てられた当初から、
この色彩だったのでしょうか。
それとも、
改修でイメチェンを図ったのでしょうか。
RC造だと、
そういうこともできますね。
Commented by gipsypapa at 2011-10-15 20:44
j-garden-hirasato さん
こういうライトブルーは珍しいので、
後で塗り替えたとも思えますね。
ただ小樽市指定歴史的建造物の解説でも
モダンな建物というだけで、
色の言及はありませんでした。
<< 色内1丁目の小樽市指定歴史的建造物 小樽の旧越中屋ホテル >>