旧越中屋ホテル

c0112559_14413254.jpg
 1977(明治10) 年創業という小樽の老舗旅館 「 越中屋旅館 」の創業者 上屋治三郎が、横浜と神戸の洋館を見学して建設した北海道初の外国人専用ホテル。戦前には陸軍に接収されて将校クラブとなったり、 終戦後には米軍に接収されたりしましたが、返還後は北海製罐の独身寮、アドバンテスト社ゲストハウスなどを経て、1993(平成5)年に再び「小樽グランドホテルクラシック」として営業していました。

 外国人向けということでノスタルジックなクラシックホテルの雰囲気が人気だったようで、今回の小樽旅行で1泊するつもりで、ネットに残っている宿泊情報を調べていましたが、残念ながらここも、その1年半前の2009(平成21)年2月に経営破たんして閉館したことが判明しました。

 正面ファサードは、全面褐色のタイル貼り。中央に2列の縦長ベイウィンドウと両脇上部の丸窓が特徴のモダンで優れた意匠です。閉まっていたので内部を見ることができませんでしたが、ステンドグラスや内装を含め、全体にアール・デコの影響が見られます。小樽市指定歴史的建造物と経済産業省の「近代化産業遺産群33」に指定された鉄筋コンクリート造3階建て、地下1階。

旧越中屋ホテル
1931(昭和6)年
小樽市指定歴史的建造物
近代化産業遺産群33
設計 : 倉沢国治事務所
施工 : 不明
小樽市色内1-8-25
撮影 : 2010.8.25
c0112559_1442436.jpg
c0112559_14425266.jpg
c0112559_1443020.jpg
c0112559_1443728.jpg
c0112559_14431520.jpg
c0112559_14432557.jpg

c0112559_1444258.jpg
c0112559_14433537.jpg
c0112559_144346100.jpg
 ネットにあったロビー入口の写真。素晴らしい。なんらかの形で再開して欲しいものです。ちなみに「越中屋旅館」は現在も小樽に存在していますが、別の建物で和風の旅館です。
by gipsypapa | 2011-10-12 14:45 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16963865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぱふぅ家のサイバー小物 at 2013-10-22 17:28
タイトル : 【ネットができる宿|小樽運河の老舗旅館】越中屋旅館
小樽駅、小樽市総合博物館、旧手宮線、小樽運河、日本銀行小樽支店を見に行くのに便利。... more
Commented by sy-f_ha-ys at 2011-10-14 16:15
かれこれ10年以上前の事になりますが、こちらのホテルを利用したことがあります。
ホテルとして再生される前は会社の寮などで使われていたそうで、客室は古さを感じさせる箇所は少なかったですが、食堂やフロント室はなかなかの作りだったと記憶しております。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-10-15 17:11
あらら、
それは残念ですね。
まだまだ使える建物なのに…。
外観は、ホテルという感じではありませんね。
Commented by gipsypapa at 2011-10-15 20:23
sy-f_ha-ys さん
いや~、ここに泊まったわけですね。
私は少しの差で泊まることができませんでした。
中を見れないと思うと、
見たかったという気が起こります。
ネットの写真ではよさそうですよね。
Commented by gipsypapa at 2011-10-15 20:27
j-garden-hirasato さん
旅行の直前にネットのサイトを検索したときは、
まだ宿泊が行けそうなところがいくつかあったのですよ。
ところが日にちを入れるとダメ。
何回かやっているうちに
廃業したという記事を見つけたわけです。

おっしゃる通りホテルらしくないたたずまいですね。
<< 協和浜ビル 旧三井銀行小樽支店 >>