小樽の罐友倶楽部

c0112559_12582137.jpg
 東雲町にある数寄屋造りの料亭だった建物。昭和初期に建てられた大きな檜造りの和風建築で、東京新宿信濃町の料亭「光亭」の小樽本店でした。中は見ていませんが、三棟の『居間』『松茶屋』『蘭ノ間』が並んでいて、2階には大広間があり、芸者の舞う檜板の間があるとか。昔は数多くの皇族を始め政界や財界の人たちで賑わったそうです。現在は北海製罐株式会社の社員用の施設「罐友倶楽部」になっています。木造2階建て。

罐友倶楽部
旧光亭1937(昭和12)年
設計 : 不明
施工 : 山谷建築店
小樽市東雲町3-8
撮影 : 2010.8.25
c0112559_12585072.jpg
c0112559_1259027.jpg
c0112559_12591234.jpg
c0112559_12591930.jpg
c0112559_12592890.jpg
c0112559_1259367.jpg
c0112559_12594378.jpg

by gipsypapa | 2011-09-30 13:03 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16915278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-10-01 20:48
料亭が社員用の施設に!
まあ、何ともうらやましい。
幹部しか使えなかったりして(笑)。
Commented by gipsypapa at 2011-10-03 10:34
j-garden-hirasato さん
どういう風に使っているんでしょうね。
一般社員の忘年会は無理ですかね。
芸者が踊った舞台でカラオケとかやらないのかな。
<< 日本銀行旧小樽支店金融資料館 小樽聖公会 >>