旧中川煉瓦製作所ホフマン窯

c0112559_134755.jpg
 ヴォーリズ建築の宝庫なので何度も訪れた近江八幡市。この日はヴォーリズ展を見に行ったついでに有形文化財が数件あるという旧中川煉瓦まで足を伸ばしました。

 文化遺産オンラインではホフマン窯機械場事務所縄縫工場が有形文化財指定を受けています。実際に行ってみるとホフマン窯の30m煙突が残っているだけで、あとは廃墟のようになっていました。

 ちなみにホフマン窯とはドイツ人のフリードリッヒ・ホフマンが考案したリング状の窯で輪環窯ともいい、隣接する焼成室に火を順次周回させて煉瓦を焼成するもの。鎮火のロスを防ぎ、大量のれんがを連続して焼き続けることができると言われています。現在はほとんどトンネル窯で焼かれているので、ここのは貴重な遺産です。国の登録有形文化財の煉瓦造り、煙突1基付。

旧中川煉瓦製作所ホフマン窯
1916(大正5)年ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
近江八幡市船木町59
撮影 : 2009.10.18
c0112559_13491556.jpg
c0112559_13492636.jpg
c0112559_13493458.jpg
 煙突は見えますが、下部にあるはずの窯は草木に覆われて見えません。ちなみに写真に写っている建物はすべて新しいものです。
c0112559_1350723.jpg
c0112559_13501919.jpg
 おい茂る草むらの中にあった煉瓦建築の残骸。これが旧事務所と思われます。有形文化財もこの状態です。機械場と縄縫工場は見当たりませんでした。ネット情報では「現在のところ非公開(公開に向けて準備中)」とありますが、とてもそのような気配がなく、このまま朽ち果てていくのでしょうか。
by gipsypapa | 2011-09-08 13:52 | 建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16826699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yaguchitenga at 2011-09-09 06:40
大正時代の建築。見事なほどですね。
Commented by gipsypapa at 2011-09-09 13:37
yaguchitenga さん
御無沙汰です。
この一角は放置されているのが気がかりです。
立派な近代化遺産なのですが。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-09-10 23:04
これはこれで(放置状態)、
味がありますけど(笑)。
変に整備されてしまうより、
よかったりして。
Commented by gipsypapa at 2011-09-11 16:48
j-garden-hirasato さん
1枚目の写真の右側に見える建物は老人ホームです。
この位置にも中川煉瓦の建物があったのではないでしょうか。
他の建造物は手つかずですが、
草木が伸び放題の中にありました。
廃墟系は嫌いではありませんが、
もう少し何とかなりませんかね。
Commented by たくあん at 2011-09-11 23:09 x
はじめまして。

昨年、老人ホーム(赤煉瓦の郷)に事前に連絡を入れて見学させていただきました。
理事長さんが中川さんなので驚きました。

昨年見学させてもらった時も窯は補修作業中でしたが旧事務所は放置状態でした。
いずれ何とかしたいとはおっしゃっていましたが。。。
Commented by gipsypapa at 2011-09-12 13:45
たくあんさん、
はじめまして。
ははあ、やはり中川さん。
ご子孫が老人ホームをやっていらっしゃるのかな。
釜が補修中というのはホッとします。
情報をありがとうございました。
<< 瀬田のN邸 彦根市日夏町のT邸 >>