祇園甲部歌舞練場

 今年の春、初めて祇園甲部歌舞練場に「都をどり」を見に行きました。個人的に都をどり自体に興味があったわけではありませんが、たまたまチケットをもらったため、会場の祇園甲部歌舞練場の建築の方を見たくて出かけました。

 都をどりは、明治維新による東京への遷都による京都の衰退を恐れた京都の人々が復興のための博覧会開催計画を立て、博覧会に娯楽性を添えることを目的に祇園の芸舞妓のお茶と歌舞を公開したことから始まったものです。明治5年に祇園新橋小堀の松の屋にて第1回の都をどりが開催され、大正2年、第44回から現在の場所に移転しました。戦争による休演と、昭和25年から3年間の修理の間に四条南座で上演された以外、都をどりは毎年この歌舞練場で上演され続けています。

 祇園甲部歌舞練場には、それぞれ国の登録有形文化財に指定された本館別館玄関八坂倶楽部があります。いずれも入母屋造・瓦葺屋根、千鳥破風のある純和風建築で、大舞台と南側を客席などに良質の檜材を用いた丁寧なつくりで、歴史的にも貴重な木造の大劇場建築です。

 ちなみに京都には他にも上七軒歌舞練場、五條楽園歌舞練場、先斗町歌舞練場、宮川町歌舞練場があります。

祇園甲部歌舞練場
1913(大正2)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
京都市東山区祇園町南側570-2
撮影 : 2011.4.23

 あいにくの雨。裏側に日本庭園がありますが、奥まで行く気にはなれませんでした。
 向こうに見えるのは既に紹介したことのある弥栄会館
 劇場に入る前には、舞子さんを見ながらお茶と和菓子を頂きます。
 この舞台で都をどりを観劇します。上演中は撮影禁止なので、始まる前にちょっとだけ。

by gipsypapa | 2011-08-22 14:16 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16757427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2014-09-28 13:49
タイトル : 花街の‘華’秋本番 京都・祇園甲部温習会「大ざらえ」
京の花街・祇園甲部の公演「温習会」の稽古を仕上げる「大ざらえ」が27日、会場となる京都市東山区の祇園甲部歌舞練場であり、本番に向けて芸舞妓たちが舞台で動きを確認した。10月1~6日。午後4時開演。...more
Commented by j-garden-hirasato at 2011-08-23 06:19
「都をどり」とは、何とも風流な響きです。
一度、拝見したいものです。
舞妓さんがお茶を入れてくれるんですか。
これまた、風流ですね。
京都ならではです。
Commented by 83yuko38anzu at 2011-08-23 08:55
一度はいってみたい みてみたいものの一つです。歴史文化ですよね。素敵です。
Commented by gipsypapa at 2011-08-23 15:02
j-garden-hirasato さん
一度見に行く価値はあるでしょうね。
部隊の両袖に三味線や太鼓の演奏がそれぞれ10人以上並びます。
部隊は舞子さん達が入れ替わり立ち替わり
華やかな衣装で踊るわけです。
1時間弱だったと思います。
ある意味適当な上演時間で、
これ以上続いたら退屈したかもしれません。(笑)
それにしてもかなりきつい雨だったのが残念です。
Commented by gipsypapa at 2011-08-23 15:11
83yuko38anzu さん
女性は特に興味があるでしょうね。
ここはチケットを入手するのがかなり厄介です。
日にち指定を買うのはまだしも、
私がもらったような、チケットだけの場合は
まず歌舞練場に行くか、関西の大丸デパートで
一週間前に窓口で日付と公演時間を決め
引き換えることになります。
その券があるのでもう大丈夫かと思いきや、
当日窓口でまた席番のある入場券をもらわなければ入れません。
ともあれいつも込み合っているようなので、
ネットで調べて便利な方法(旅行社から買うとか)を調べてから行った方がいいようです。

名前 :
URL :
削除用パスワード 
<< 岩佐歯科医院 京都岡崎の I 邸 >>