京都の村瀬本店

c0112559_13114166.jpg
 「きょうと和み館」から七条通りを西に進んだところにある比較的珍しい陸屋根の商店兼住宅建築。昭和初期からある精肉店。

 1階の店舗部分が突き出しているので新しく増設されたのかとも思いましたが、突き出し部の屋根が2階部分のテラスのようになっていて、両側に丸い飾り壺があります。最初からあったのかも知れません。側面と2階は昭和初期に流行したベージュ色のタイル張りです。2階部分は住居スペースでしょう。軒下に凝った装飾が取り巻いていて見所です。

 また1階突き出し部は煉瓦造りになっていて、木造とのコンビネーションになっているようです。木造2階建て。

村瀬本店
昭和初期
設計・施工 : 不明
京都市下京区七条通油小路西入ル米屋町158
撮影 : 2009.5.10
c0112559_13123321.jpg
c0112559_13124422.jpg
c0112559_13125421.jpg
c0112559_1313368.jpg
c0112559_13131343.jpg

by gipsypapa | 2011-08-17 13:17 | 建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16737064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-08-18 20:13
この張り出し部分は、
どうなんでしょうね。
自分は、後付けだと思いますが。
Commented by yaguchitenga at 2011-08-19 07:00
この前はご訪問有難う御座います。ご紹介頂いた高輪の看板建築を拝見しました。画像に行き着く前ですが武雄温泉の楼門や懐かしい町並みを拝見しました。小学生まで福岡で暮らし中学で父の転勤で武雄市に移ったんですよ。あの青果店懐かしいなあ。ちなみにネームカードをクリックしたらご出身が福岡だそうで。又よろしくお願いします。リンク頂きますね。
Commented by gipsypapa at 2011-08-19 10:02
j-garden-hirasato さん
自分で自信がないのでなんとも言えませんが、
一見したら、後付けに見えますよね。
ただ他のサイトで調べた時に煉瓦造りという記述もあったりして、
迷うところです。
Commented by gipsypapa at 2011-08-19 10:09
yaguchitenga さん
いらっしゃいませ。
そうですか、福岡から武雄市に移られたとは奇遇?です。
「藤崎青果店」は今は寂れた感じですが、
駅前から武雄温泉に向かう目抜き通りにありますので、
昔は賑やかだったでしょうね。
ともあれ私もリンクしま~す。
Commented by yaguchitenga at 2011-08-19 12:30
リンク有難う御座います。藤崎青果店
いつも見てました。でも普通のお店だと思っていましたが歴史があったんですね。信号機の前に本屋さんがあったんですが。ありましたか、懐かしい風景見せて貰えて嬉しいです。ちなみに4年から6年までいたのが鳥飼なんですよ。大堀公園が遊び場でした。
Commented by gipsypapa at 2011-08-20 21:48
yaguchitenga さん
藤崎青果店が信号の四つ角にあったのは覚えていますが、
本屋さんは記憶にないですねぇ。(^^;;
鳥飼小学校で大濠公園が遊び場とは。
私の高校時代のデートスポットでした。(笑)
もう見てもらったのかもしれませんが
大濠公園周辺にある建物もこのブログにありますよ。
<< 学校法人京都建築学園 京都建築... きょうと和み館(セカンドハウス... >>