名古屋市のリアルスタイル

c0112559_1612429.jpg
 東本願寺名古屋別院の東側にある、こじんまりしてお洒落な洋風建築。当初は結核予防会診療所として建てられたもので、戦後は中日孔版デザイン社として使用されました。現在はリアルスタイルというインテリアショップになっています。

 築年は昭和12年というデータが多いのですが、リアルスタイルのホームぺージでは「大正末期の建物を改修した」とあります。鉄筋コンクリート造り、2階建て、地下1階。

リアルスタイル
旧中日孔版デザイン社
1937(昭和12)年
設計・施工 : 不明
名古屋市中区大井町1-41
撮影 : 2010.11.20
c0112559_1613375.jpg
c0112559_1614039.jpg
c0112559_16142896.jpg
c0112559_16145515.jpg
c0112559_16153367.jpg

by gipsypapa | 2011-08-05 16:16 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16689515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-08-06 22:08
どういうお店になっているのか、
というのも大切ですね。
インテリアショップなら、
ちょうど、建物とピッタリですね。
Commented by gipsypapa at 2011-08-07 20:19
j-garden-hirasato さん
同感です。
こういう使われかたは建物によく合っています。
もっぴったりなのは
ケーキ屋かパン屋かもしれませんが、
インテリアショップもいいですよね。
Commented by mini-mini32 at 2011-08-07 21:01
インテリアショップならぴったりで、良かった~~~
変なお店じゃ、建物がかわいそうですもんね^^
リアルスタイルって名前が素敵!
Commented by gipsypapa at 2011-08-08 13:31
mini-mini32 さん
レストランならもっとmini-mini32さんにぴったりと思いましたが・・・
お洒落な建物なので使い続けてほしいものです。
<< 名古屋の大津橋 名古屋市の旧伊藤耳鼻咽喉科 >>