名古屋市の養心殿

c0112559_1523190.jpg
 愛知学院大学研究棟(旧昭和塾堂)の傍、一段下がった場所にある木造の和風建築物。昭和塾堂の付属体育館として建てられ、現在は武道場「養心殿」になっていて、金剛禅総本山少林寺や無双直伝英信流居合兵法の道場として使われています。木造平屋建て。

養心殿
旧昭和塾堂付属体育館
1931(昭和6)年
設計・施工 : 不明
名古屋市千種区城山町2-88
撮影 : 2010.11.20
c0112559_153259.jpg
c0112559_153936.jpg
c0112559_1531535.jpg
c0112559_1532377.jpg
c0112559_1532921.jpg
c0112559_1533793.jpg

by gipsypapa | 2011-08-03 15:04 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16681120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-08-04 06:12
体育館として、
まだ、現役なんですか。
あまり動くと、
潰れちゃいそうな雰囲気がありますが(笑)。
Commented by gipsypapa at 2011-08-04 20:55
j-garden-hirasato さん
表の看板がなければ
使われていないと思うような雰囲気でした。
確かに壊れそうです・・・
<< 名古屋市の旧伊藤耳鼻咽喉科 愛知学院大学研究棟 >>