愛知学院楠元学舎1号館

c0112559_1331044.jpg
 長大な学校建築。旧制愛知中学の本館として建てられ、現在は愛知学院大学の歯学部、薬学部、短期大学部、歯科技工専門学校、法人本部が入っています。

 昭和初期らしいスクラッチタイル貼りの外壁に、構造的には左右対称で、中央部に車寄せのある大きな玄関ポーチがあり、その上部には3連のアーチ窓とペディメントを飾りとして配しています。正面左右に張り出した翼屋部があり、両側面には6角形を半割にした階段室のような出っ張りがあります。2階部分まで届く列柱と柱形頂部の庇状の装飾は非常に凝ったデザインで、重厚で存在感のある建物です。

 設計は名古屋工業学校建築科で鈴木禎次に学んだ佐藤三郎(1896─1974)。ほかに大垣市立図書館(現存しない)などの作品があるようですが、あまり知られていない建築家です。国の登録有形文化財と名古屋市都市景観重要建築物に指定された、鉄筋コンクリート造り、2階建て。

愛知学院楠元学舎1号館
旧制愛知中学本館
1928(昭和3)年
登録有形文化財
名古屋市都市景観重要建築物
設計 : 佐藤三郎
施工 : 西村工務店
名古屋市千種区楠元町1-100
撮影 : 2010.11.20
c0112559_133558.jpg
c0112559_134354.jpg
c0112559_1341183.jpg
c0112559_1342038.jpg
c0112559_1342784.jpg
c0112559_134354.jpg
c0112559_1344517.jpg
c0112559_1345479.jpg
c0112559_135161.jpg
c0112559_1351134.jpg
c0112559_1351831.jpg

by gipsypapa | 2011-08-01 13:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16672199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-08-01 21:02
なかなか個性的な建物ですね。
石とレンガの組み合わせが絶妙です。
どこかで見たことのある、
というのではなく、
独特のデザインです。
でも、あまり有名ではないんですね。
Commented by gipsypapa at 2011-08-02 10:04
j-garden-hirasato さん
結構インパクトがあります。
設計者もあまり聞いたことがないです。
それほど有名ではないのかな。
しかし一応、国の登録有形文化財なので、
知る人ぞ知るでしょうか。
<< 愛知学院大学研究棟 産業技術記念館 自動車館 >>