ノリタケカンパニーリミテド事務館本館

c0112559_1338277.jpg
 ノリタケの森の東南の一角に、戦前に建てられた事務館本館が現存しています。昭和初期らしい鉄筋コンクリートに淡いベージュのタイル貼り。いわゆるモダニズム建築に分類される装飾の少ないシンプルな意匠に加え、コーナーに丸みを持たせたのが特徴。部分的には玄関扉の装飾などにアールデコ風の幾何学模様が見受けられます。

 設計は名古屋を中心に活躍した鈴木禎次(すずきていじ1870 -1941)の晩年の作品。このブログでも日本第一麦酒半田醸造工場(半田赤レンガ建物)鶴舞公園奏楽堂鶴舞公園噴水塔旧中埜家住宅(T’s CAFÉ)岡崎銀行本店(岡崎信用金庫資料館)諸戸氏庭園洋室松坂屋大阪店(高島屋東別館)中埜銀行本店(ミツカングループ本社研究所)名古屋銀行本店(UFJ銀行貨幣資料館)揚輝荘伴華楼と、多くの作品を紹介しています。鉄筋コンクリート造り、3階建て(一部4階)、地下1階。

ノリタケカンパニーリミテド事務館本館
旧日本陶器事務所
1938(昭和13)年
設計 : 鈴木禎次(鈴木建築事務所)
施工 : 大倉土木
名古屋市西区則武新町3-1-36
撮影 : 2010.2.27
c0112559_13424562.jpg
c0112559_13425233.jpg
c0112559_13425972.jpg
c0112559_1343889.jpg
c0112559_13431293.jpg
c0112559_1343226.jpg
c0112559_13432820.jpg
c0112559_13433950.jpg
c0112559_1343479.jpg
 ノリタケの森から見た裏側。
by gipsypapa | 2011-07-26 13:44 | 建築 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16647521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-07-27 20:58
言われなければ、
戦前の建物と思えませんね。
でも、細かな装飾を見ると、
戦前の雰囲気がにじみ出ています。
こういうのが、
おもしろいですね。
Commented by gipsypapa at 2011-07-27 22:12
j-garden-hirasato さん、
雰囲気は戦前ですよね。
ただ白いコンクリートの建物なので、
気付かず通り過ぎそうではあります。
コーナーの曲線美は鈴木禎次さんの思い入れを感じますが、
この作品はあまり知られたいないようで、
Wikipediaにもありませんでした。
もっと有名でもよさそうなデザインです。
Commented by ビジネスマナー at 2011-09-22 23:31 x
とても魅力的な記事でした!!
また遊びにきます。
ありがとうございます!!
<< 旧豊田商会本社事務所 ノリタケの森 煙突モニュメント >>