六華苑

c0112559_13205448.jpg
 Gitano Familyのライブをここ六華苑(ろっかえん)でやるのは3回目。過去に一度紹介していますが、その時は外観しか見てなかったので、今度こそ・・と早めに訪れて内部を見てきました。

 六華苑は桑名市にある旧諸戸清六邸(東諸戸邸)の総称です。二代目諸戸清六(もろと・せいろく 1888-1969)の新居として建てられた住宅建築。洋館とそれに連なる和館、複数の蔵などの建造物と池泉回遊式日本庭園があり、建物と庭園はそれぞれ国の重要文化財と名勝に指定されています。

 洋館はヴィクトリア朝住宅の様式を基調とした住宅。すぐに目に入る4階建の塔屋と庭園に面して多角形に張り出した1階のベランダや2階のサンルームが特徴です。設計は1877(明治10)年に来日し、鹿鳴館など政府関連の建物の設計を手がけるとともに、工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)の教授として辰野金吾ら、創生期の日本人建築家を育成して日本建築界の基礎を築いたイギリス人建築家ジョサイア・コンドル。国の重要文化財の木造2階建て、塔屋付。

 一方、和館は洋館に先立って建てられました。諸戸家お抱え大工だった伊藤末次郎が棟梁を務めた純和風建築。当時は洋館と和館を併設するときは、別棟にするのが一般的でしたが、ここでは和館と洋館が直に接続されていて、普段の生活は和館が中心だったとか。洋館は迎賓館のような使い方がされたのでしょう。周囲に板廊下が配され、数多くの畳敷きの居室が並んでいます。国の重要文化財の木造平屋、1部2階建て。

六華苑
旧諸戸清六邸洋館
1913(大正2)年
重要文化財
設計 : J.コンドル+桜井小太郎
施工 : 伊藤末次郎

旧諸戸清六邸和館
1912(大正元)年
施工 : 伊藤末次郎
桑名市太一丸663
撮影 : 2010.11.23
c0112559_13255662.jpg
c0112559_1326331.jpg
c0112559_13261035.jpg
c0112559_1326164.jpg
c0112559_13262426.jpg
c0112559_13263292.jpg
c0112559_13263960.jpg
c0112559_13264949.jpg
c0112559_13265820.jpg
c0112559_13271167.jpg
c0112559_13272053.jpg
c0112559_13272833.jpg
c0112559_13273730.jpg
c0112559_1327463.jpg
c0112559_13275798.jpg
c0112559_1328811.jpg
c0112559_13281782.jpg
c0112559_13282427.jpg
c0112559_13283460.jpg
c0112559_13284368.jpg
c0112559_13285351.jpg
 和館では結婚式に遭遇しました。
c0112559_13292662.jpg
c0112559_1329355.jpg
c0112559_13294391.jpg
 六華苑の一角にあるウエディング レストランRoccaでのGitano Familyのライブショー。
c0112559_13312772.jpg

by gipsypapa | 2011-07-21 13:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16626506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-07-22 20:33
ここも、
その存在は知っていましたが、
この庭園、名勝だったんですね。
三重って、
なかなか行く機会がないのが残念です。
Commented by gipsypapa at 2011-07-22 22:03
j-garden-hirasato さん
諸戸氏庭園と無理やり分けているわけですが、
庭園としては一体のものと言えます。
私もGitano familyがなければ、
行く機会はなかったでしょう。
結構、歴史を感じるものがありますね。
<< ノリタケの森赤レンガ棟 諸戸氏庭園 >>