旧万世橋高架橋

c0112559_13322025.jpg
 c0112559_1334812.jpg これも昔の写真です。秋葉原のすぐ近くにある、かつて中央線の始発だったこともある万世橋駅の跡です。写真を撮った直前までは交通博物館になっていましたが、移転のために閉鎖となり、万世橋高架橋という煉瓦構造物は今も残っています。↓はWikipediaからの転載です。

 「旧万世橋駅は東京駅と同様に辰野金吾の設計で、赤煉瓦造り。1等2等待合室・食堂・バー・会議室等を備えていた。中央本線の終着駅であり、ここから両国駅方面への総武線を通す計画があった為である。駅前には広場が設けられ、日露戦争の英雄である廣瀬武夫と杉野孫七の銅像が建っていた。東京市電が走り、多くの人で賑わった。大正時代に繁栄した。(上の図)

 万世橋駅は1923年(大正12年)の関東大震災で駅舎が焼失し、簡素な駅舎(下の図)が再建された。徒歩で行ける距離に、神田駅及び秋葉原駅が出来た為、乗降客は減少していった。須田町交差点が移転。1929年(昭和4年)以降、市電も通らなくなった。1936年(昭和11年)、東京駅から鉄道博物館が移転。図2の駅舎は解体縮小された。1943年(昭和18年)11月1日、駅は休止(実質上廃止)。駅舎は取り壊された。c0112559_13343045.jpg駅舎の一部は交通博物館に転用されたが、2006年(平成18年)に閉鎖され、2010年(平成22年)6月までに全て取り壊された。」


旧万世橋高架橋
1912(明治45)年
設計 : 辰野金吾
施工 : 不明
千代田区神田須田町1-5
撮影 : 2006.5.2








c0112559_13344618.jpg
 「さようなら。長い間、ありがとうございました。」という表示があります。
c0112559_13351654.jpg
 反対側も煉瓦造り。
c0112559_1335401.jpg
c0112559_13354930.jpg
 ストリートビューで今も高架橋はそのまま残っていることを確認しました。手前は万世橋です。
by gipsypapa | 2011-07-12 13:38 | 建築 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16588775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jobi at 2012-07-04 21:21 x
レンガの建物や施設に魅力を感じます。
駅ホームの遺構が整備され、来年夏から一般公開をされると今日の新聞で見ました。
機会があったら行ってみたいです。
Commented by gipsypapa at 2012-07-05 10:05
jobi さん
レンガ好きですか。
ここは秋葉原の駅からすぐです。
ぜひ一度行ってみてください。
東京のレンガ建築なら
まず玄関口の東京駅です。
改修が進んでいるようです。
Commented by jobi at 2012-07-05 22:18 x
レンガの持つ温かさが好きです。
東京駅もずいぶん長い期間改修していますね。
新丸ビルのcafeから正面に東京駅が見えます。ボーと眺めるのが至福のひとときです。
<< 東京市街高架鉄道 旧岩崎家庭園(旧岩崎弥太郎邸) >>