明治生命館

c0112559_16371471.jpg
 丸の内のお堀端に金融業を象徴するような端正なビルがあります。コリント式列柱を配した古典主義様式を代表する意匠で、国産(岡山県北木産)花崗岩を用いた外壁の落ち着いた美しさと、整然と並ぶ巨大な列柱が特徴です。コリント式オーダーの柱頭にはアカンサスの葉、柱のフルーティング(縦溝模様)が美しく、見どころになっています。。

 設計は様式建築の名手といわれ、日本銀行小樽支店や、このブログでも紹介した大阪市中央公会堂鳩山一郎邸(現鳩山会館)黒田記念館などを設計した岡田 信一郎(おかだ しんいちろう、1883 - 1932)と岡田捷五郎の兄弟。構造設計には同じ早稲田大学で教鞭をとり耐震構造の父といわれた内藤多仲(ないとう たちゅう、1886 - 1970)が担当しました。

 岡田信一郎の遺作となった作品で、没後に弟の捷五郎が引継ぎ完成させたものです。2001(平成13)年から改修工事が行われ、新たに30階建ての明治安田生命ビルを建設して一体的に利用することで、この歴史的建造物は全面保存されました。昭和の建造物として初めて重要文化財の指定を受けた鉄骨鉄筋コンクリート造り8階建て、地下2階。

明治生命館
1934(昭和9)年/2004(平成16)年改修
重要文化財
設計 : 岡田信一郎、岡田捷五郎
構造設計 : 内藤多仲
施工 : 竹中工務店
東京都千代田区丸の内2-1-1
撮影 : 2006.5.2 & 2010.7.24
c0112559_16395215.jpg
c0112559_1640150.jpg
c0112559_16401213.jpg
c0112559_16402143.jpg
c0112559_16403155.jpg
c0112559_1640402.jpg
c0112559_16405058.jpg
c0112559_1641259.jpg
c0112559_16411222.jpg
c0112559_1641217.jpg
c0112559_1641305.jpg
c0112559_16413814.jpg
c0112559_16414750.jpg
c0112559_164209.jpg
c0112559_16421052.jpg
c0112559_16421938.jpg
c0112559_16422829.jpg
c0112559_16445166.jpg
c0112559_16452435.jpg

by gipsypapa | 2011-06-26 16:45 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16520778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-06-27 21:30
この建物、
かなり大きいので、
どう撮ればよいのか悩みました。
その割りに細部の装飾も凝っていて、
なかなか見応えがあります。
Commented by gipsypapa at 2011-06-28 10:30
j-garden-hirasato さん
正面から横長の全体を写そうとすると、
お堀に落ちてしまいます。
上から2枚目が堀端ぎりぎりまで下がって撮った写真で、
これが精一杯ですね。
<< 東京神田の三鈴堂眼鏡店 和田倉門の橋 >>