三菱第一館美術館

c0112559_1036525.jpg
 こちらはレプリカ保存とでもいうのでしょうか。古く見えますが実は2年前に建てられたBrand New Building です。

 三菱一号館は1894(明治27)年に有名なジョサイヤ・コンドル(当時は三菱の建築顧問)の設計により建てられたイギリス・クイーンアン様式の煉瓦造の建築物で、1968(昭和43)取壊されるまで丸の内に存在しました。その形状を基本として2009(平成21)年に三菱地所が近所とはいえ別の場所に再建したもの。ファサード保存とはまた違った形の方式でモニュメントを残したものです。煉瓦造り3階建て、地下1階。

三菱第一館美術館
旧三菱第1号館
1894(明治27)年/2009(平成21)年再建
旧館設計 : J.コンドル
旧館施工 : 直営(曽禰達蔵現場主任)
新館設計 : 三菱合資会社地所部
新館施工 : 大林組
東京都千代田区丸の内2-6-2
撮影 : 2010.7.23
c0112559_10364538.jpg
c0112559_1036533.jpg
c0112559_1037184.jpg
c0112559_1037960.jpg
c0112559_1037173.jpg
c0112559_10373427.jpg
c0112559_10374278.jpg

by gipsypapa | 2011-06-23 10:38 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16506983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-06-24 18:52
自分が行ったときは、
オープンしたばかりで、
情報を持っていなかったので、
デザインはレトロなのに、
何か、真新しい、という不思議な感じがしました。
今度行くときは、
ちゃんと内部も見たいですね。
Commented by gipsypapa at 2011-06-26 16:26
j-garden-hirasato さん
私が前を通ったときは
何かの美術展をやっていました。
中も見たい気はしますね。
わざわざ場所を変えてまでも、
復元するというのは
三菱地所の誇りと、
ある意味、執念かもしれません。
<< 和田倉門の橋 東京銀行協会ビルヂング >>