日本基督教団札幌教会

c0112559_1391953.jpg
 時計台を北1条沿って東に進むと北側に青いとんがり屋根の塔屋が見えてきます。札幌美以(メソヂスト)教会が前身で、木造の教会堂が焼失したため、明治後期に石造りで建てられたものです。

 札幌軟石の外壁に尖塔アーチ窓が並び、全体的にはほぼロマネスク様式で、アーチの開口部分やバラ窓などはゴシック風ともいえます。強度部材の木造骨組の表面に軟石を貼った耐火構造になっています。設計は当時北海道庁土木課技師で札幌教会員の間山千代勝。国の登録有形文化財とさっぽろ・ふるさと文化百選に指定された木骨石造り平屋建て、一部2階建て。

日本基督教団札幌教会
旧札幌美以教会堂 1904(明治37)年
登録有形文化財
さっぽろ・ふるさと文化百選
設計 : 間山千代勝(北海道庁土木課技手)
施工 : 前野増蔵
札幌市中央区北1条東1-1-2
撮影 : 2010.8.28
c0112559_13103932.jpg
c0112559_13105040.jpg
c0112559_131055100.jpg
c0112559_1311544.jpg
c0112559_13111360.jpg
c0112559_13112124.jpg
c0112559_13113124.jpg
c0112559_13114131.jpg
c0112559_13115066.jpg
c0112559_13115787.jpg
c0112559_1312639.jpg
c0112559_13121614.jpg
 下に写っている光の輪みたいなものは何?思い当たる節はありません。
c0112559_13122810.jpg

by gipsypapa | 2011-06-03 13:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16417804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-06-05 06:30
教会にしては、
かなり重厚な雰囲気ですね。
石材の色の影響でしょうけど。
三階と党みたいなのは、何でしょうか。
部屋にしては小さいし。
ムーミンの家が取っ付いたような感じです(笑)。
Commented by gipsypapa at 2011-06-05 10:35
j-gardenj-hirasato さん
石造りの教会といえば、
以前紹介していただいた
宇都宮の松ヶ峯カトリック教会が心に残っています。
ムーミンの家は普通に考えると
階段室ですが、
それだと3階まで伸びているのは変ですね。
<< 札幌の茶房石乃蔵 王子サーモン札幌営業所  >>