北海道庁旧本庁舎(北海道立文書館)

c0112559_13134141.jpg
  「赤れんが」の愛称で親しまれている北海道庁旧本庁舎。明治中期に建てられたアメリカ風のネオ・バロック様式の建物です。また、緑一杯の前庭は札幌市のオアシスとなっていて、内部は北海道の古文書などが収蔵された北海道立文書館として無料で一般開放されています。1階左手に北海道立文書館と休憩室、右手に文書館閲覧室や北海道洞爺湖サミット展示。2階左手には、北海道の歴史ギャラリー(北海道開拓記念館)、観光情報コーナー、記念室(知事室)、樺太関係資料館が入っています。

 いかにも明治らしい左右対称の堂々とした外観の中央部に八角形の塔屋があります。外装は要所に石材を使った煉瓦造りで、屋根はスレート葺き。屋根にはドーマー窓と煙突があります。

 何度か構造的な欠陥や火災により復旧工事が行われ、1911(明治44)年に一部改造されて再建。さらに1958(昭和43)に、 北海道百年記念事業の一環として創建当時の姿に復元されました。現在の建物内部は明治44年の改修時のままで、屋根とドーム等は当初形式に復原されています。

 設計は辰野金吾らより一世代前の建築家で、文部省の第1回留学生としてアメリカで西洋建築を学び、函館の元町配水池や手宮機関庫を手がけた平井 晴二郎(ひらい せいじろう、1856 - 1926)。東京駅の新築の際には帝国鉄道庁総裁として関わっていました。我が国における大規模な煉瓦造建造物の初期遺構として大変貴重です。国の重要文化財の煉瓦造2階建て、地下1階、八角塔屋付。

北海道庁旧本庁舎(北海道立文書館)
1888(明治21)年
重要文化財
設計 : 平井晴二郎(北海道庁土木課)
施工 : 直営
札幌市中央区北3条西6-1
撮影 : 2010.8.26
c0112559_13144619.jpg
 東側には前庭があり、環境緑地保護地区に指定された洋風の庭園が広がっています。
c0112559_13151348.jpg
c0112559_13151960.jpg
c0112559_13152830.jpg
c0112559_13153631.jpg
c0112559_1315449.jpg
c0112559_13155274.jpg
c0112559_1316279.jpg
c0112559_13161191.jpg
c0112559_13162095.jpg
c0112559_13163334.jpg
c0112559_1316383.jpg
c0112559_13164960.jpg
c0112559_1317147.jpg
c0112559_1317115.jpg
c0112559_13172154.jpg
c0112559_1317324.jpg
c0112559_13173817.jpg
c0112559_13174740.jpg
c0112559_1318158.jpg
c0112559_13181391.jpg
 西側から見ると中央にドームの塔屋がよく見えました。
by gipsypapa | 2011-05-19 13:20 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16349620
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぱふぅ家のホームページ at 2013-10-14 18:32
タイトル : 北海道庁旧本庁舎
北海道庁旧本庁舎は、1888年に建てられた煉瓦造りのアメリカ風ネオ・バロック様式の建物で、国の重要文化財に指定されている。 ... more
Commented by j-garden-hirasato at 2011-05-20 05:45
日本人による西洋建築の先駆けなんですね。
基本に忠実というか、
しっかりしたものを感じます。
北海道庁の技師さんなんですね。
今の公務員は、
自分で設計なんか、しないんでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2011-05-20 13:34
j-garden-hirasato さん
私も平井晴二郎 という人は初めてしりました。
日本における欧風建築は、
ジョサイア・コンドルに旧東京帝大で学んだ
いわゆる1期生といわれる、
辰野金吾、片山東熊、曽禰達蔵らが草分けと思っていましたので
その前に西洋建築を学んで、
こんな立派な建物を設計したのはちょっとびっくりしました。
> 今の公務員は、自分で設計なんか、しないんでしょうね。
どうでしょうねぇ。基本計画くらいはやるのかな。
詳細は建築設計会社がやっているとは思います。
大学のころ県庁の土木部でアルバイトをしたことがありますが、
当時は公務員の技師の机は製図机で、
図面を描いていましたよ。
<< 北海道立文書館分館 札幌市時計台 >>