北海道大学農学部 第2農場 穀物庫(コーンバーン)

c0112559_1514247.jpg
 収穫室と2階同士が高架式通路でつながる穀物庫(コーンバーン)は、主としてトウモロコシ、収穫した穀物、種子などを貯蔵する施設として建てられました。 ねずみ侵入を防ぐための鼠返しのある高床式倉庫で、入口のゆるい傾斜の階段は取外しが可能になっています。 この建物は、次に紹介する模範家畜房と同時期に建てられた、 我が国最初のツーバイフォー式バルーンフレーム構造の農業建造物であるとともに、 現存する最古の札幌農学校関連施設です。

 収穫室との高架式通路はコンベアが走る通路で、後年に増設されたそうです。 1911(明治44)年に現在地に移設され、1974(昭和49)年に解体復元工事が行われています。この建物は内部の見学が可能で、当時の農機具などが陳列されていました。

 設計は1877(明治10)年に札幌農学校に着任。農学を担当したのち、帰国したクラーク博士の後を受けて農園長となり、外国人教師の中でもっとも長い11年間務めたウィリアム・ペン・ブルックス(William Penn Brooks 1851-1938)。国の重要文化財の木造2階建て。

北海道大学農学部 第2農場 穀物庫(コーンバーン)
旧札幌農学校(旧東北帝国大学農科大学)第2農場 穀物庫(コーンバーン)
1877(明治10)年/1911(明治44)年移設
重要文化財
設計 : W.P.ブルックス(William Penn Brooks)
施工 : 不明
北海道札幌市北区北19条西8 北海道大学構内
撮影 : 2010.8.27
c0112559_1524123.jpg
c0112559_153235.jpg
 建物全体が49本の高さ約1mの束石の上に乗った高床式。側廻りの束石には鼠返し(赤く着色されている箇所)を設けています。
c0112559_1541792.jpg
c0112559_1542616.jpg
 1階中央には穀類などの種子を貯蔵する小部屋があり、2階から袋入りの種子が落とし込めるようになっています。
c0112559_1552151.jpg
 階段を上がった2階。柱のない1面の床になっていて、袋詰めした穀物の保管場所です。
c0112559_1555237.jpg

by gipsypapa | 2011-05-11 15:07 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16313722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-05-12 06:02
高床式倉庫とは、珍しいですね。
移築、改修されているとはいえ、
明治初期の建物ですか。
そう考えると、
感慨深いですね。
Commented by mini-mini32 at 2011-05-12 06:37
北大って凄いですね~
ペンキを塗っていない所がまたいいですね~
農業を志す若者・・・
北大に行け~~~~って感じ^^
あ・・・農業を志していなくても、行ってみたい・・・(^-^)
Commented by gipsypapa at 2011-05-12 09:58
j-garden-hirasato さん、
2階の屋根の支持法があまり見たことがないです。
普通、木造はトラスやハンマービームとかいう形式で屋根を支えていますが、
ここは両側に屋根の傾斜に沿った補強板と
真横にビームを通したシンプルな形式です。
面白いです。
Commented by gipsypapa at 2011-05-12 10:02
mini-mini32さん、
田舎の小屋なんかで、無塗装のものはよく見かけました。
これだけの大型では珍しいです。
腐ったり虫食いの被害がないのでしょうかね。
札幌に行く機会があったら、
北大は最低半日の予定を組みたいです。
私は行きませんでしたが、
大学は学食に入れるところが多いので
昼食を頂くのも結構楽しいです。
<< 北海道大学農学部 第2農場 模... 北海道大学 第2農場 脱稃室・... >>