北海道大学 古河記念講堂

c0112559_1512010.jpg
 白い下見板貼りの左右対称のルネッサンス様式の建物。古河財閥三代目当主・古河虎之助が北海道大学の前身である東北帝国大学農科大学へ寄付したお金によって建てられたものです。

 中央部には玄関ポーチが配置され、屋根上には、かつては時鐘が取りつけられていた小塔があります。白い外壁に緑の屋根が清潔な印象。両翼のドーマー窓は明治を感じさせる華麗な学校建築です。非公開になっているため、中には入れませんが、玄関の窓越しに仕切扉の上に、林学教室を表す「林」をデザインしたガラス欄間と正面の階段上に半円アーチ窓が見えました。日本に残ったこの当時のルネッサンス様式の建物は石か煉瓦造りが多く、木造は珍しいです。

 設計は茨木出身の文部技官・新山平四郎、施工は札幌の大工・新開新太郎です。国の登録有形文化財とさっぽろ・ふるさと文化百選に指定された、木造2階建て、塔屋付。

北海道大学 古河記念講堂
旧東北帝国大学農科大学林学教室
1909(明治42)年
登録有形文化財
さっぽろ・ふるさと文化百選
設計 : 新山平四郎(文部大臣官房建築課札幌出張所)
施工 : 新開新太郎
札幌市北区北8条西7 北海道大学構内
撮影 : 2010.8.27
c0112559_1524636.jpg
c0112559_1525590.jpg
c0112559_153292.jpg
c0112559_153108.jpg
c0112559_1531785.jpg
c0112559_1532666.jpg
c0112559_1533518.jpg
c0112559_1534498.jpg

by gipsypapa | 2011-04-27 15:05 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16248190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-04-29 06:54
札幌の時計台のイメージが強いためか、
こういう白い木造の建物をみると、
北海道だ!と思ってしまいます。
寄附で建てられたんですか。
古河虎之助は、
北大出身だったんでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2011-04-29 22:22
j-garden-hirasato さん
確かに北海道らしいですね。
北海道は明治に開発されたので
江戸建物の雰囲気はなく、
西洋的な建物が多いのはある意味当然かもしれません。
古河虎之助が寄付したのは北大だけではなかったそうです。
明治時代後期に発生した日本の公害の原点といわれる
足尾銅山鉱毒事件の責任企業で、
その陳謝の意味から各地に寄付をしたそうです。
<< 北海道大学環境資源バイオサイエ... 北海道大学本部 >>