神戸の旧小寺家厩舎

c0112559_13235542.jpg
 相楽園になっている小寺泰次郎邸内に、息子の元神戸市長・小寺謙吉建てた洋風の厩舎が今も残っています。

 L字型の建物で、円形の尖塔がある塔屋、急勾配の寄棟屋根、3つ並んだ大きなドーマ窓、ハーフティンバーの切妻などの凝った装飾が施されたドイツの民家風の重厚な建物。1階は馬車庫、自動車庫、馬糧供給室。2階は厩務員部屋、馬糧倉庫だったそうです。直角に折れた右側は吹き抜けのある馬房で、左端の塔は階段室です。

 設計は、ジョサイア・コンドルの教え子で、ドイツに留学したのち、神戸地方裁判所庁舎、
造幣局火力発電所(現 造幣博物館)日濠会館(現 海岸ビルヂング)、奥平野浄水場施設(現 水の科学博物館)、三井物産神戸支店(現 海岸ビル)旧横浜海上保険会社神戸支店(毎日新聞神戸支局旧正面玄関)など関西を中心に活躍した河合浩蔵(1856- 1934)。この建物は、日本に残る数少ない洋式厩舎建築として貴重な遺構です。国の重要文化財の煉瓦造り2階建て(2階部分は木骨煉瓦造り)。

旧小寺家厩舎
1910(明治43)年ころ
重要文化財
設計 : 河合浩蔵(河合建築事務所)
施工 : 直営
神戸市中央区中山手通5-31-1相楽園内
撮影 : 2010.10.23
c0112559_13285735.jpg
c0112559_132915.jpg
c0112559_13291012.jpg
c0112559_13291980.jpg

c0112559_13374719.jpg
c0112559_1338122.jpg
c0112559_13381487.jpg
c0112559_13382917.jpg
c0112559_13292985.jpg
c0112559_13294085.jpg
c0112559_13294921.jpg
c0112559_1329544.jpg
 小寺家といえば最近取り壊された住吉山手にあったヴォーリズ建築の小寺邸をはじめとして、小寺家三男邸旧小寺家山荘(六甲山荘)旧小寺源吾別邸(いずれもヴォーリズ設計)などがあり、小寺泰次郎や小寺謙吉のゆかりの人の住宅と思われます。神戸の名家です。
by gipsypapa | 2011-04-21 13:35 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16220874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-04-22 06:25
あまり見かけない様式ですね。
「ドイツの民家風」ということですか。
それにしても、凝った造りです。
神戸は、レトロな建物の宝庫ですね。
Commented by gipsypapa at 2011-04-22 11:44
j-garden-hirasato さん
印象に残る建物でした。
相楽園には小寺泰次郎邸の母屋はもうないのですが、
馬小屋がこの豪華さですので、
本宅はもっとすごかったのでしょうね。
<< 兵庫県公館 旧ハッサム邸 >>