JR神戸駅舎

c0112559_1334849.jpg
 2007年11月に神戸を訪れたときにはこの神戸駅からJRで自宅へ帰りました。昭和初期に駅が高架になったとき建てられた三代目の駅舎です。

 外観は取り立てて特徴はありませんが、内部のコンコースが見どころ。高い天井を支える巨大な円柱の頭部装飾や北口にある1.7mのステンドグラスの大時計は印象的です。また駅内には皇族が訪れた際に利用する貴賓室があるとのことですが、このときは見逃しました。鉄筋・鉄骨コンクリート造2階建て。

JR神戸駅舎
1934(昭和9)年
設計 : 鉄道省
施工 : 大倉土木
神戸市中央区相生町3-1
撮影 : 2007.11.11
c0112559_1342028.jpg
c0112559_1342818.jpg
c0112559_1343672.jpg
 この奥に貴賓室があるようです。
c0112559_1351048.jpg
c0112559_1351720.jpg
c0112559_1352779.jpg
c0112559_1353536.jpg
c0112559_1354495.jpg
 北口のステンドグラスの大時計。
c0112559_1361153.jpg
 神戸はまだ続きます。
by gipsypapa | 2011-04-05 13:07 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16147770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-04-06 08:30
神戸に行ったとき、
三宮駅で乗降していたので、
神戸駅は知りませんでした。
こんな素敵な建物だったんですね。
ますます、神戸に行きたくなってきました。
Commented by gipsypapa at 2011-04-06 16:11
j-garden-hirasato さん
いいですよね、この駅。
実は私もまだ行っていませんが、
もう一つ西のJR兵庫駅も似ていますが
よさそうです。
http://sano567.la.coocan.jp/HYOUGORETORO/sekkeisya/sekkeidata/JR-hyougo.htm
機会があったら神戸へどうぞ。
<< 神戸朝日ビルデイング 神戸のファミリア ホール >>