神戸のフットテクノビル

c0112559_14503897.jpg
 大正期のオフィスビル。帝国生命神戸出張所として建てられ、そのビルの一角を1929(昭和24)年までNHK神戸支局が使っていたそうです。現在は健康シューズなどを扱うフットテクノの本社ビルになっています。

 1階は腰部分が花崗岩の石貼り、その上部は疑似石貼りの重厚な外観ですが、2階以上は軽快なモルタル仕上げになっています。コーナー部のアールとレリーフをさりげなくあしらった破風が特徴で、最上階の窓だけは緩いアーチの縁取りになっています。なお、2004(平成16)年 に改修されたときに、大正ロマン風の原形に近い外観に復元されたとか。神戸の大正モダニズムを代表する洋風建築の一つといえます。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、4階建て。

フットテクノビル
旧帝国生命保険神戸出張所 
1921(大正10)年、1949(昭和24)年改修
登録有形文化財
設計・施工 : 清水組
神戸市中央区栄町通5-2-8
撮影 : 2007.11.11
c0112559_14513741.jpg
c0112559_14514764.jpg
c0112559_14515466.jpg
c0112559_1451584.jpg
c0112559_1452817.jpg
c0112559_14521939.jpg
c0112559_14522723.jpg

by gipsypapa | 2011-04-01 14:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16130432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-04-02 21:11
モルタル仕上げ部分の色の塗り分けが効いています。
お洒落ですね。
単色だったら、
ノペっとした感じになってしまうでしょう。
Commented by gipsypapa at 2011-04-04 10:32
j-garden-hirasato さん
買い取ったフットテクノの社長さんが、
改修するときに昔の写真を見てオリジナルに近い姿に戻したそうです。
こういうやり方は評価されるべきだと思います。
<< 神戸のファミリア ホール 毎日新聞神戸支局旧正面玄関 >>