毎日新聞神戸支局旧正面玄関

c0112559_13421735.jpg
 これも一部保存されているものです。横浜海上保険会社神戸支店として建設され、1953(昭和28)年から毎日新聞神戸支局として使用されてきました。新社屋を建てるときに、建物の正面玄関とそれに続く石壁をそのまま残したものです。現在はフルーツショップ&パーラー-紅萬《ベニマン》が入っています。

 旧社屋の設計は、先に紹介した海岸ビル海岸ビルヂングを手がけた河合浩蔵。なお毎日新聞は大阪本社も同様に玄関をモニュメントとして残しています。

毎日新聞神戸支局旧正面玄関
旧横浜海上保険会社神戸支店 1925(大正14)年
設計 : 河合浩蔵
施工 : 大林組
神戸市中央区栄町通4-3-5
撮影 : 2007.11.11
c0112559_13442093.jpg
c0112559_13442979.jpg
c0112559_13443978.jpg
c0112559_13444648.jpg
c0112559_13445212.jpg
c0112559_1345742.jpg
c0112559_13451774.jpg

by gipsypapa | 2011-03-31 13:49 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/16125722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-04-02 21:13
んーん、
ほんと部分的ですね。
バブル期の仕事だから、
まあ、こんなものですか。
Commented by gipsypapa at 2011-04-04 10:29
j-garden-hirasato さん
大都市では古いビルを建て替える時に
何らかの形で残そうと考えるのが普通ですかね。
東京でも外壁しか残っていないものもあるし・・・
モニュメントですね。
<< フットテクノビル みなと元町駅 >>