カトリック夙川教会聖テレジア大聖堂

c0112559_1372775.jpg
 今日から撮りだめしていた昔の写真で神戸市を中心とした兵庫県をアップします。

 最初は西宮市にあるカトリック夙川教会。作家の遠藤周作が洗礼を受けたことで知られています。昭和初期のネオ・ゴシック(ゴシック・リバイバル)様式の教会です。尖塔の鐘楼と聖堂のステンドグラスが印象的でフランスのサント・シャペルがモデルだそうです。阪神大震災で大きな被害を被ったのち、修復されました。

 設計の梅本省三は教会の信者で、フランス人神父の指導によるものとか。鉄筋コンクリート造り、平屋建て、鐘楼付き。

カトリック夙川教会聖テレジア大聖堂
1932(昭和7)年
設計 : 梅本省三
施工 : 不明
西宮市霞町5-40
撮影 : 2006.5.6
c0112559_1382114.jpg
c0112559_1382967.jpg
c0112559_1383593.jpg
c0112559_1384311.jpg
c0112559_1384816.jpg
c0112559_13105839.jpg
c0112559_1311832.jpg
c0112559_1311172.jpg
c0112559_13112410.jpg
c0112559_13113393.jpg
c0112559_131141100.jpg
 中に入ろうと扉を開けるとオーケストラの練習中。さすがにそれ以上立ち入る勇気はなく、扉の所からだけ撮影しました。かなり手ぶれしています。
c0112559_13121358.jpg
 5年前、建物の写真を撮り始めた直後のもので、我ながらアングルや構図が稚拙です。
by gipsypapa | 2011-02-28 13:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15986516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-03-01 06:11
西宮にこんな立派な教会があるんですね。
知りませんでした。
しかも設計は日本人。
震災を乗り越えて、復活したんですか。
神戸にもレトロな建物が多いですよね。
機会があったら、
ゆっくり訪れたいです。
Commented by gipsypapa at 2011-03-01 10:45
j-garden-hirasato さん
西宮市にも見どころはあります。
しかし多いのはやはり神戸です。
結構、固まってありますので効率的に見て回ることができるでしょう。
ただし多すぎてとても1日や2日間では無理だと思います。
私自身が全部見きれていません。
もし機会があれば行ってみてください。
<< 芦屋佛教会館 大連の町並と近代建築 >>