大連賓館(中山広場4号)

c0112559_14422960.jpg
 南満州鉄道が経営した高級ホテルチェーンだったヤマトホテルのうち、最も格式が高いといわれた大連ヤマトホテル。現在もホテル大連賓館として営業している大連を代表するクラシックホテルです。これまでリットン調査団やラストエンペラーの溥儀などが宿泊したことが記録されていて、近年では中曽根康弘氏、竹下登氏、村山富市氏など日本の要人も利用したそうです。

c0112559_14475167.jpg ルネサンス様式の大型ホテルで、正面の壁面には花崗岩のイオニア式オーダーを8本並べ、窓も花崗岩で構成した大型のアーチ窓。唐草模様の唐破風状キャノピーなど随所に装飾を配した華麗な建物です。ホテルなので普段ならロビーくらいは見てくるのですが、このときは帰国日の早朝で、時間がありませんでした。右はWhenever大連ローカル(STAY)というホテルのPRページから借用しました。

 設計は妻木頼黄(つまきよりなか)の教え子で、当時は満州鉄道技師の太田毅という説が有力です。鉄骨煉瓦造4階建て。

大連賓館(中山広場4号)
旧大連ヤマトホテル
1914(大正3)年
設計 : 太田毅+吉田宗太郎(推定)(満鉄工務課)
施工 : 不明
撮影 : 2007.1.19
c0112559_14483939.jpg
c0112559_14484680.jpg
c0112559_14485330.jpg
c0112559_1449029.jpg
c0112559_1449951.jpg
c0112559_14501680.jpg

by gipsypapa | 2011-02-16 14:51 | 建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15928145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-02-17 06:05
重厚なホテルですね。
細部の意匠も凝ってます。
「最も格式が高い…」
十分、伝わってきます。
Commented by gipsypapa at 2011-02-17 13:36
j-garden-hirasato さん
日本で言うと昔の帝国ホテル並みだったのではないでしょうか。
ここに泊まるパックツアーがあるみたいなので、
いつか泊ってみたいです。
Commented by sy-f_ha-ys at 2011-02-17 20:52
6年前にこちらのホテルに泊まりましたが、一階ロビーは素敵でした。
室内はレトロ風になっていましたが、添乗して貰った現地のガイドさんの説明によると、竣工当時の間取りとはかなり違うとの事でした。
ちょっと怪しいカフェーがあったり、いかにも中国と言った感じのホテルでした。
Commented by gipsypapa at 2011-02-18 13:15
sy-f_ha-ys さん
確かに中もよさそうに見えます。
パックツアーにここに泊まるプランがありましたので
それほど高い料金でもないのかな。
そのツアーはハルピンヤマトホテル、長春(新京)ヤマトホテル、奉天ヤマトホテルにも宿泊する
私好みのプランです。
ただ3月までの寒い時だけかも知れません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2011-02-19 18:36
gipsypapaさま、その時の中国訪問は大連・奉天の旧ヤマトホテルに泊まるというパックプランでした。確か他のホテルに泊まるプランより安かったと思います。
奉天ヤマトホテルの部屋は昔風のビジネスホテルと言った感じでしたが、1階のレストランは最高でしたよ。写真を撮ろうと思いましたが、真っ暗で殆どまともな写真が撮れなかったのが悔やまれます。まだ10代前半だった李香蘭(山口淑子)がはじめてステージに立ったのがこの場所だったそうです。
Commented by gipsypapa at 2011-02-21 11:02
sy-f_ha-ys さん
ああ、私が見たツアーと似たようなプランで行かれたようですね。
私が見たのは5泊6日で全行程食事つき、十万円を切っていました。
由緒あるホテルに泊まることを考えると、
安いと思いました。
奉天ヤマトホテルも見たいので、またよさそうな時期を見計らって考えたいと思います。
<< 中国工商銀行大連市分行(中山広... 遼寧省対外貿易経済合作庁(中山... >>