ルポンドシエルビル(旧大林組本社ビル)

c0112559_13162152.jpg
 大正末期に大林組の本社社屋として建てられた大型の近代建築。大阪が発祥地の大手ゼネコン大林組の本店ビルでした。さすがに建設業、設計は社内コンペで決定されたそうです。小田島兵吉が立案した平面計画に基づき、社内で設計競技が行われ、設計部員の平松英彦の作品が選ばれました。

平松英彦は京都帝国大学工学部建築学科の一期生。外観は師である武田五一が多用したスパニッシュ・ミッション風の意匠を採用しています。

 全面に茶色のスクラッチタイルを貼り、腰壁に竜山石を使用した、贅沢で重厚な外観。上方部の両端にはテラコッタの円形レリーフ。中央には各階の窓を囲む三連アーチと各階に貼られたテラコッタの装飾と最上部に並ぶ3つのベランダがひときわ目を引きます。中央の入口部分も見どころで、白いアーチ部分には上部に紋章、左右に一対の鷲を配置した華麗な建物です。随所に使われている彫刻は、同じ大林組設計部の大塚尚武の作品。c0112559_13173893.jpg

 内部も多様なモチーフが用いられていて、エレベーター上部には、花と人面の鳥を象ったアールデコ風の装飾があります。

 大林組本店がこの建物の真向かいにある超高層ビルに移ってからは、料理学校辻学園の校舎として使われていたため、多くの書籍やネット上で辻学園として紹介されていた建物。2007(平成19)年に耐震補強が施され、今は高級フランス料理店ルポンドシエルがテナントとして入居しているほか、右側入口を入った3階には大林組の歴史資料館もあります。鉄筋コンクリート造り、地上6階建て、地下1階。

ルポンドシエルビル
旧大林組本社ビル
1926(大正15)年
設計 : 平松英彦・小田島平吉(大林組)
施工 : 大林組
大阪市中央区北浜東6-9
撮影 : 2010.6.17
c0112559_13175512.jpg

c0112559_1318270.jpg
c0112559_1318931.jpg
c0112559_13181884.jpg
c0112559_13182933.jpg
c0112559_13183840.jpg
c0112559_13184794.jpg
c0112559_13185648.jpg
c0112559_13191026.jpg
c0112559_1319219.jpg
c0112559_13193163.jpg
c0112559_1319415.jpg
c0112559_13195232.jpg
c0112559_1320244.jpg
c0112559_13201153.jpg
c0112559_1320209.jpg
 フランス料理店はさすがに敷居が高く、窓越しに覗くと黒服の若い女性が立っているのが見えたので断念。その代り右側に大林組の歴史資料館が自由に入れることがわかり幸せな気分になりました。内部写真はその周辺で撮ったものです。
c0112559_13205385.jpg

by gipsypapa | 2011-01-13 13:21 | 建築 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15759193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-01-17 05:09
なかなかよいですね。
外観がレンガ積の建物って、
レトロ感がすごく出ていて、
個人的には惹かれます。
いろいろなレンガがあるんですね。
表面の凹凸があるかないかで、
また、見え方も違うんでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2011-01-18 10:15
-garden-hirasato さん
この建物の外壁はレンガの形状をしたタイルが貼られています。
レンガとタイルは元は同じでしょう。、
積み重ねるためのものがレンガで、
その形状を維持しながら、
薄くして表面に張るために作られたのがタイルかな。

ところで入口の両側にいるのは「獅子」でなく「鷲」でした。
Commented by アマデウス at 2011-10-01 13:56 x
小説「プリンセストヨトミ」でこのビルが出てきます。大阪城からの秘密の抜け穴の一つという設定です。ビル名は明示されていませんがこのビルの地下から地上に出て土佐堀通りを葭屋橋・・・というくだりです。この小説には大阪城、東京駅、生駒トンネルという大林組施工の説明が詳しいです。どうも作者は歴史館に行っているようです。映画には出てきません。
Commented by gipsypapa at 2011-10-01 17:30
アマデウスさん
そうなのですか。
実はつい一昨日出張帰りの飛行機で映画の最初のシーンだけ見ました。
近距離なので20分も見ていませんが、
映画では最初のビルは、どこかで見たことのあるファサードにセットで玄関を追加したものでした。
このビルではなかったです。
面白そうなので映画は見たいなと思っていたところです。
情報をありがとうございます。
Commented by アマデウス at 2011-10-21 22:46 x
映画のビル外観は大道具の方がいろんなところを寄せ集めて作成
したようですね。ただし「入口扉」は京大阿武山観測所そのものです。
そして内部は阿武山でロケしました。
Commented by gipsypapa at 2011-10-22 15:58
アマデウスさん
京大阿武山観測所?
家が近くなので、一度車で見に行ったことがありますが、
建物に近づく手前の門が閉まっていて
見ることもできませんでした。
今は入れるのか、とういか建物に近づけるのでしょうか。
Commented by アマデウス at 2011-10-22 20:17 x
このHPでわかります。http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/~abuyama/
私は夏休みの家族向け(ま、課題用でしょう)のときに行きました。
たぶん、ロケ地めぐりのミーハーでは私が一着でしょう?
Commented by gipsypapa at 2011-10-24 10:11
アマデウスさん
なるほど、時々はいることが出来るわけですね。
11月6日にもあるようです。
行ってみようかな。
貴重な情報をありがとうございました。
<< 堂浜ビル 大阪の橋~高麗橋 >>