大阪淀屋橋の石原ビルディング

c0112559_137535.jpg
 淀屋橋の南西角にあるので、大阪の人なら一度は目にしたことがあるはずです。一見、古そうには見えませんが戦前のビルです。c0112559_1394560.jpg
 その当時、心斎橋にあった石原時計店が賃貸ビル「淀屋橋中央ビルディング」として建設したものです。石原時計店は南久宝寺町から心斎橋南詰に移転し、1915(大正4)年に建てられた三橋四郎設計のセセッション様式の五階建ての二代目店舗ビルがあったので、このビルは三代目の石原時計店になります。1954(昭和29)年にビルの名前を「石原ビルディング」と改名し、一階には現在も石原時計店が入っています。

 外壁の1・2階は黒の石貼り、上階は白のタイル貼り仕上げで、縦の直線を強調しています。外観はシンプルですが、木製ドアの入口を入ると、内装は大理石やモザイクタイルなどが多用されて豪華な意匠となっています。鉄筋コンクリート造り、8階(一部9階)建て、地下2階。

石原ビルディング
旧淀屋橋中央ビルディング
1939(昭和14)年
設計 : 眞水・三橋建築事務所
施工 : 不明
大阪市中央区北浜4-1-1
撮影 : 2010.6.17
c0112559_139597.jpg
c0112559_1310672.jpg
c0112559_13101313.jpg
c0112559_13102189.jpg
c0112559_1310323.jpg
c0112559_13103899.jpg
c0112559_13104633.jpg
c0112559_13105347.jpg

by gipsypapa | 2011-01-07 13:12 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15728855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-01-08 10:24
内装のレトロな感じがいいですね。
エレベーターの階表示は最高です。
階段の角に使われているレンガの欠け具合も、
何とも言えない味わいがあります。
Commented by sy-f_ha-ys at 2011-01-08 19:51
心斎橋にあった先代の店舗もそうですが、オーナーの石原時計店のセンスが伺える建物だと思います。
もう少し日が暖かくなったら、是非大阪に行きたいです。
Commented by gipsypapa at 2011-01-09 16:43
j-garden-hirasato さん
この一帯はよく通るので、外観は何度も見ていましたが、
想像以上に内部がいい感じでした。
最上階の窓を大きくとった部屋は入ってみたいです。
Commented by gipsypapa at 2011-01-09 16:51
sy-f_ha-ys さん
石原時計店のHPに初代と2代目の店舗ビルの写真がありますが、
いずれもセンスがいい建物なので、
持ち主のこだわりを感じますね。
2代目は三橋四郎氏の設計ですが、
このビルのころは亡くなっていますので、
3代目の設計者、眞水・三橋建築事務所というのは
三橋四郎氏とつながっているのでしょうか。
<< 大阪北浜の中村健太郎法律経済事務所 大阪島之内のの中島メガネ >>