久野産業大阪本社ビル

c0112559_1316461.jpg
 明けましておめでとうございます。本年も引き続きレトロな建物をアップしていきますので、よろしくお願いします。

 大阪の中心街にある商業ビル。これといって特徴は希薄ですが、装飾を排した昭和初期のモダニズム建築です。

 1919(大正8年)創業の非鉄金属製品の販売を取り扱う専門商社・久野産業の大阪本社ビルです。現在はその一部が、デザインスペース「クロス クノ1919」として使用されています。角地という立地に合わせて角を落とした形状で、そこに玄関を配するモダンな設計です。鉄筋コンクリート造り、2階建て。

久野産業大阪本社ビル
1930(昭和5)年ころ
設計・施工 :不明
大阪市中央区島之内2-10-27
撮影 : 2009.12.23
c0112559_13165570.jpg

c0112559_1317285.jpg
c0112559_1317999.jpg
c0112559_13171519.jpg
c0112559_13172214.jpg
c0112559_13173018.jpg

by gipsypapa | 2011-01-04 13:18 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/15713166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-01-05 06:36
あけましておめでとうございます。
このブログがずいぶん刺激になり、
そして情報源になっています。
ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昭和に入ると、
かなり直線的ばデザインになるんですね。
Commented by gipsypapa at 2011-01-05 15:37
j-garden-hirasato さん、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
また日本庭園的生活にレトロな建物がアップされるのを
楽しみにしています。

昭和に入ると、古典的な様式主義から
シンプルなモダニズムに変化し始め、
ついには現代の機能的な建築に変化していくわけです。
<< 大阪信用金庫日本橋支店 中央鍍金工業 >>